この歳で失恋はキツい!25歳以上の男性が立ち直る方法9パターン

若い頃の失恋は深く傷つきはするものの、回復力も高いので、意外と立ち直りが速かったりします。かえって厄介なのは「もう先がない」と思い込んでいる20代後半以降の失恋です。そこで今回はインターネットユーザーの独身男性179名に聞いたアンケートを参考に「『この歳で失恋はキツい!』25歳以上のオトコが失恋から立ち直る方法9パターン」をご紹介します。

【1】彼女のことを考え出したら、とにかく寝てしまう
「だいたい考えても仕方がないんだから、考えるのをやめる」(20代男性)というように、悪い方向に考えがおよびそうになったら思考を停止するパターンです。心理学的にも有効とされている方法論のようなので、眠れなくてもまず頭を空っぽにする努力をしてみましょう。

【2】仕事を詰め込み、あえて忙しくして考える時間をなくす
「がむしゃらに働くと意外と忘れてる」(20代男性)というように、プライベートをなくし、しばらく仕事一筋に生きるパターンです。人間は一度に2つのことを考えることが不得手なので、過労で倒れない程度に「やるべきことリスト」を増やしていくと良いでしょう。

【3】似たような状況の友だち同士で飲んで傷をなめ合う
「女子会ならぬ男子会で元カノのことをディスる」(20代男性)というように、振られた男同士で集まって毒を吐き出すパターンです。ただし、酔っ払った勢いで元カノに罵声や復縁の電話をかけてしまう危険もあるので、連絡先はあらかじめ削除しておいたほうが無難かもしれません。

【4】「早起きして朝型人間になる」など、生活スタイルを変えてみる
「普段の行動パターンを変えると、彼女の不在を感じない」(20代男性)というように、生活する時間帯を変えてみるパターンです。「早起きしてジョギング」など、今までと違う時間に活動すると新たな出会いの可能性が広がるかもしれません。

【5】「女なんていっぱいいること」を実感するため街を散歩する
「自分にはあいつしかいない、なんて視野が狭くなりがちなので…」(20代男性)というように、恋愛対象の女性が世間にはたくさんいると把握するパターンです。統計データを用いて「自分の活動範囲だけでも何千人も女性がいる」と数字で実感するのもよいでしょう。

【6】同僚や上司など、今まで関わりが少なかった人と付き合ってみる
「人が変わるには、付き合う相手を変えるといいとよくいうので」(20代男性)というように、ただの顔見知りレベルだった人と深く関わってみるパターンです。意外な方向から新鮮なアドバイスを受けたり、新しい恋愛話が持ち込まれるかもしれません。

【7】気のおけない古くからの女友達に自分の魅力を挙げてもらう
「女性から自分のよいところを挙げてもらうと自信につながる」(20代男性)というように、異性の友達にヨイショしてもらうパターンです。ただし、別れた原因があなたにあると「もったいないことをしたね」と傷に塩を塗られる可能性もあるので注意が必要でしょう。

【8】オシャレや美容、体力作りに励んでカッコいい中年を目指す
「よい機会だととらえて、中年太りやおっさん化を迎え撃つ」(20代男性)というように、ストイックに自分磨きに励むパターンです。傷心ムードがぶり返しそうになったら筋トレ、ランニングなどで紛らわせると体力作りもできて一石二鳥でしょう。

【9】彼女以上に「理想的なスペックの女性」を真剣に探す
「考えてみると、また理想の彼女を探すチャンスなんですよ」(20代男性)というように、細かいところで妥協していた理想の恋人像をあらためて追いなおすパターンです。昔好きだった人に再アタックしてみるのもよいかもしれません。

いずれにせよ、彼女のことを考えるのをやめて、新しい生活パターンを始めてみるのが、いち早く失恋から立ち直るポイントのようです。もし先輩や上司に恋の達人がいるならば、傷心ムードを吹っ切る秘訣を聞いてみてもよいでしょう。 【調査概要】 期間:2014年2月12日(水)から19日(水)まで 対象:合計179名(独身男性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/18 17:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます