鰹節由来の煙で燻した芋から作った本格焼酎「燻枕崎」を飲んでみた

拡大画像を見る

―[30代が知らないと恥ずかしい! 今さら聞けないお酒のキホン]―

◆最高金賞受賞の焼酎

 6月7日、薩摩酒造から本格芋焼酎「燻枕崎(いぶしまくらざき)」が発売されました。早速飲んでみたので、レビューを紹介したいと思います。

 ご存じ「枕崎」は鹿児島産のサツマイモ「コガネセンガン」と国内産の米麹を原料とした芋焼酎です。昔ながらのかめ壺で仕込むことで、豊かな香りとコクが生まれます。コガネセンガンはデンプンをたくさん含んでおり、芋のまろやかな甘みが楽しめます。クセはあまり強くなく、さっぱりしています。

 東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)で、2020年に新設された「焼酎部門」では15本が最高金賞を獲得しましたが、芋焼酎4本のうちのひとつにこの「枕崎」も入っています。

◆2年にも渡る試行錯誤の末に完成

 今回、新たにお目見えした「燻枕崎」は、原料のサツマイモを燻しています。枕崎市内には40件以上の鰹節屋が点在しており、あちこちで鰹節を燻す煙が立ち上り、町全体に芳醇な香りが立ちこめているそう。

 そんな枕崎の空気を詰め込んだ本格焼酎を作りたい、という想いから、プロジェクトがスタートしたとのことです。

 枕崎市で60年余りの歴史を持つ鰹節屋「金七商店」と明治時代から続く薩摩酒造が手を組んで挑戦しました。今までにない取り組みなので、2年にも渡って試行錯誤を重ねたとのこと。枕崎水産加工業協同組合もプロジェクトに加わり、誕生したのが「燻枕崎」です。

 蒸したサツマイモを粉砕して、パレットに並べ、鰹節由来の燻煙にさらして2時間燻し、100年以上使い込んだかめ壺でもろみと混ぜて発酵させます。その後、蒸留してブレンドを行えば、新感覚の本格芋焼酎が完成します。

◆プレゼントにもぴったり

「燻枕崎」のラベルは墨色の背景で、うっすらと煙が立ち上っています。鰹節は「勝男武士」と昔ながらの表記になっています。縁起がいいので、プレゼントにもぴったりでしょう。

 早速いただきました。まずは、ストレートでいただいたのですが、さっぱりとした味わいです。「燻」を冠しているので、思いっきり燻製香がきついお酒かと思いきやそうではありません。香りを取って気がつくくらいの燻香です。

 ただし、通常の「枕崎」と並べて飲むと違いははっきりわかります。「燻枕崎」の法が味わいが深く、確かにアフターに燻しのイメージがあります。どちらにせよ美味しいので、両方ともぐびぐびと行けます。

◆おすすめの飲み方は「ロック」や「お湯割り」

 薩摩酒造によると、おすすめの飲み方は「ロック」や「お湯割り」で、ペアリングはチーズやナッツ、和風のおつまみ、いぶりがっこなどとのことです。アドバイスに従って、ロックにしてみました。香りはストレートの時よりは開きにくくなりますが、その分すっきりと飲めます。

 ナッツ類やいぶりがっこにチーズを載せたおつまみに合わせましたが、美味しいに決まっています。通常の「枕崎」にもぴったりなので、「燻枕崎」に特別マリアージュしているのかどうかはわかりませんでした。

 お値段は720mlボトルで2000円(税込)。コストパフォーマンスはばっちりです。焼酎好きの人はぜひチェックしてみましょう。

<文/柳谷智宣>

―[30代が知らないと恥ずかしい! 今さら聞けないお酒のキホン]―

【柳谷智宣】
お酒を毎晩飲むため、20年前にIT・ビジネスライターとしてデビュー。酒好きが高じて、2011年に原価BARをオープン。2021年3月には、原価BAR三田本店をオープンした。新型コロナウイルス影響を補填すべく、原価BARオンライン「Wi杯」をスタート。YouTubeチャンネルも開設し生き残りに挑んでいる

関連リンク

  • 6/18 15:52
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます