実はいないけど...【彼氏がいるふり】をするメリットって?

拡大画像を見る

実は彼氏がいないのに、ついつい「彼氏がいる!」と言ってしまうこともあるでしょう。本来であれば嘘は良くないことですが「噓も方便」という言葉がある通り、彼氏がいるふりをすることによるメリットも存在しています。
彼氏がいるふりをするとどのような良いことがあるのか、具体的に3つ紹介していきます。


①周りと話を合わせることができる

周りに恋バナ好きが多い場合、彼氏がいないとなかなか話題に入れないこともあります。友達を作りたいのになかなかできないという人は、彼氏ができたふりをして話の輪に入ることもあるでしょう。
恋愛以外で共通の話題がないグループなどは、そのようにして人間関係を構築するという人も珍しくはありません。


②マウンティングを避けることができる

特に若い女性の場合、彼氏の有無で立ち位置が決まるケースもあります。「彼氏がいない」と言うと、それだけで「〇〇しないとダメ」や「△△だから彼氏ができない」とマウンティングされてしまうこともあります。
そうしたマウンティングに対応するのが面倒だから、彼氏がいるふりをして切り抜けるという人もいるでしょう。相手と必要以上に仲良くなる気がない場合は、適当に彼氏がいるふりをするのも効果的な対応策の一つです。


③面倒な誘いを断ることができる

周りにフリーだと公言していると、全く興味がない男性からデートに誘われることもあります。断っても「彼氏がいないならお試しで!」と食い下がられてストレスになってしまうこともあるでしょう。
そうした誘いを断る時「彼氏がいるので」という断り文句は非常に便利です。「会わせて」と言われても、「遠距離なので」と言えば追及されることもありません。断ってもしつこい男性への断り文句として、彼氏がいるふりをするのもおすすめですよ。


周りに興味がないなら彼氏がいるふりをするのもアリかも?

周りに気になる男性がいる場合、彼氏がいるふりをするとチャンスを失いかねません。しかし、特に周りに興味がある男性がいなく、プライベートでも深くかかわるつもりがないのであれば、彼氏がいるふりをすると楽に立ち回れることもあります。
嘘も方便として、使ってみるのも良いのではないでしょうか。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/18 12:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます