彼氏と2年以上続いている女性が語る「円満交際の秘訣」5パターン

「せっかくお付き合いに至っても、すぐに別れてしまう」という人は、一人の男性との交際を長く維持している女性に、コツを聞いてみてはいかがでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「彼氏と2年以上続いている女性が語る『円満交際の秘訣』」をご紹介します。

【1】ほどよい距離を保ち、干渉しすぎないよう心がける
「彼氏の交友関係とか家族の問題には触れないようにしています」(20代女性)など、相手のテリトリーにずかずかと踏み込まないことは大事なようです。仕事について、家族についてなど、人によって触れられたくないことはさまざまなので、彼氏にとって「地雷」になりうるものが何なのか、早めに見極めたいところです。

【2】言いたいことはその場でぶつけ、不満を溜め込まない
「前の彼氏とは、言いたいことを言えずに最後に大喧嘩して別れたので、今の彼氏とは『不満はその場で言い合おうね』と最初に約束しました」(10代女性)というように、揉め事の芽を早めに摘むのも、必要な心掛けかもしれません。気持ちをぶつけ合ったあとは、長く引きずらないように、その日のうちに解決することも忘れてはならないでしょう。

【3】ときには彼氏の顔を立て、男のプライドを守ってあげる
「『すごいねー』『さすがだねー』って持ち上げて、まんざらでもない気分にさせておきます(笑)」(20代女性)など、上手に彼氏のメンツを立てることで、居心地のよさを提供する人もいます。心にもないことを言って褒める必要はありませんが、彼氏に活躍の場を譲ってあげたほうが、お互い気持ちよく過ごせることもあるでしょう。

【4】毎日ハグするなど、スキンシップを欠かさない
「体温を感じるたびに愛情を実感します」(20代女性)というように、とにかく肌を触れ合うことに重きを置くカップルもいます。小さな喧嘩をしたり、嫌味のひとつでも言いたいようなときでも、ぎゅっと抱きしめ合えば、「まあいいか」と笑って流せることも多いのではないでしょうか。

【5】相手の立場を思いやり、自分の考えを押し付けないようにする
「相手をコントロールしようとするとキリがないので、お互いにひとりの大人として尊重しあうのが大切だと思います」(20代女性)など、お互いに対等な立場として向き合うことも、長く交際を維持する秘訣のようです。相手を自分に従属するものと考えず、個々に独立した人間であることを意識に留めておきたいものです。

長く付き合うと、それなりに大きな衝突も経験するかもしれませんが、相手を大事に思う気持ちだけは忘れずにいたいものです。(雪村一花)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/18 11:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます