DJ KOOが「小室哲哉と並ぶ“恩人”」にホリケンを挙げた意外な理由!

拡大画像を見る

 音楽ユニット「TRF」のメンバーで、近年はバラエティー番組でも活躍するDJ KOOが、6月10日放送の「やすとものいたって真剣です」(朝日放送)にゲスト出演。バラエティ番組進出の“恩人”として、意外にもネプチューンの堀内健の名前を挙げた。

 1992年に結成されたTRFが大ブレークしたのち、バラエティ番組にも進出したKOO。小室哲哉が音楽における恩人だったと振り返ったあと、バラエティ番組での恩人を問われ、「ホリケンさん」と即答したのだ。

 TRFが結成20周年を迎え、それぞれのメンバーがソロ活動へ移行。タレント活動をやっていきたいという希望を持っていたKOOは、「24時間テレビ 愛は地球を救う」(日本テレビ系)の深夜枠コーナー「朝までしゃべくり007」に出演。オープニングで、いきなりホリケンがDJ KOOに相撲をしに飛びかかってきたという。

 そこでKOOはホリケンに「恥ずかしいっすよ。どうやっていいかわかんないし、ヘマしちゃいますよ。変な感じになっちゃいますよ」と訴えると、ホリケンは「全然大丈夫。オレの方がもっと変な感じにするから。みんな笑ってくれるから大丈夫よ」と言ってくれたといい、これが好評だったため、その後、3年くらい2人の相撲がオープニングの恒例になったそうだ。

 後に別番組で博多華丸・大吉と共演した際、「あの時、芸人はみんなKOOさんがキレるかと思った」と言われたそうだが、KOOは「それで“DJ KOOはいじっていい人なんだ”とみんなにわかってもらえた」と感謝の弁と述べた。

 アーティストをいきなりイジったホリケンの勇気もすごいが、それを受け入れたKOOもすごい。

(鈴木十朗)

関連リンク

  • 6/18 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます