売れているのはソニー?キヤノン? ミラーレス一眼市場の最新動向

拡大画像を見る

 全国の家電量販店やECショップでPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、2021年5月のミラーレス一眼デジタルカメラの販売台数は前年同月比133.1%と4月に続き前年を超えた。昨年は緊急事態宣言の影響で販売が急激に落ち込んだため、市場がどの程度回復してきたかの判断は難しいところで、緊急事態宣言明けからが本当の勝負になりそうだ。

 メーカー別の販売台数シェアの首位はソニーがキープ。ただ2位のキヤノンはさらに差を詰めており、下半期は両社によるトップ争いが熾烈になりそうだ。事業譲渡が完了した1月以来、シェアを落としていたOMデジタルソリューションズ(旧オリンパス)はようやくシェアの下落が底を打ち、4カ月ぶりに富士フイルムを上回った。
 シリーズ別の販売台数シェアランキングでは、ソニーの「α6400」が首位。キヤノンの「EOS Kiss M2」「EOS Kiss M」が続く。回復に転じているOMデジタルソリューションズは「OLYMPUS PEN E-PL10」が好調。富士フイルムは「FUJIFILM X-A5」「FUJIFILM X-S10」がベストテンにランクインした。(BCN・大蔵 大輔)
*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

関連リンク

  • 6/18 8:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます