Koki,主演映画「ボコボコ惨状」の裏で大混乱!父・木村拓哉との「12時間忖度」!!

拡大画像を見る

 元SMAPの木村拓哉(48)と歌手の工藤静香(51)の次女でモデルのKoki,(18)が主演映『牛首村』で女優デビューを果たすことが明らかになった。

 第一報を報じたのは6月15日夕方の『文春オンライン』。記事によると、Koki,の主演作でメガホンをとるのは、全米ランキング1位、興行収入120億円以上のヒット映画『THE JUON/呪怨』を手掛けた清水崇監督(48)。

 清水監督は『犬鳴村』と『樹海村』を立て続けにヒットさせており、Koki,は同2作のさらなる続編『牛首村』で主演を務めることになるという。

「今年が創立70周年という映画大手の東映の目玉作品の1つとなるのが、清水監督によるこの新作ホラーだといいます。そんな期待の作品で、演技経験のないKoki,がいきなり主演を務めることには、相当厳しい声が上がっていますね」(芸能プロ関係者)

 Koki,に対しては「いきなりね……モロ親の力以外の何ものでもない。二世タレントでも甘えを出さず一生懸命頑張ってる芸能人も多いけど、あまりにも凄いわ」「これは酷い。やり方が下手過ぎる。こんなあからさまに親の力を使った売り方をしていたらますますアンチは増えるし、仕事への評価も厳しくならざるを得ない」「18歳のモデル畑が一転経験の無い映画で主演……いくら何でも無謀なのでは?」といった批判的な声がまさに殺到している。

「いきなり主演を務めることに対しては、特に“親の七光り”、“十四光”といった指摘が多く、今回の映画『牛首村』をもじって“七光村”と揶揄されたりもしています。たしかに、今回のKoki,の映画主演は、彼女が木村拓哉と工藤静香の娘でなければ100%なかったこと。“七光り”という指摘がされるのは避けられないことですよね。

 一方で、Koki,の主演映画の情報解禁をめぐっては、大混乱があったといいます」(前同)

■父・木村拓哉の海外ドラマとKoki,映画が“バッティング”の危機!

 現場で巻き起こった混乱とはいったい――。

「6月15日の夕方に『文春オンライン』がスクープとして記事を配信し、それが6月17日発売の『週刊文春』(文藝春秋)でさらに詳細が報じられました。映画製作サイドとしては当然、『文春オンライン』で第一報が出る前に公式情報を出したかったでしょう。しかし先に出てしまった。ですので、『文春オンライン』後、なるべく早く公式発表をしたいところだったでしょう。

 実際、15日には映画の宣伝会社にも動きがあり、すぐさま公式発表に踏み切りたいと考えていたようです。ただ、それは許されなかった。なぜなら、16日朝には、Koki,の父親である木村拓哉が海外ドラマに出演することが発表されましたからね」(前出の芸能プロ関係者)

 6月16日、木村が海外ドラマ『THE SWARM(ザ・スウォーム)』に出演することが明らかになった。

 制作総指揮を手掛けるのは、2011年4月から2019年5月にかけて米・HBOで放送され、全世界でヒットしたドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のプロデューサーの1人で、エミー賞受賞歴もあるフランク・ドルジャー。

 2022年の世界同時放送・配信を目指して制作され、撮影は9月にイタリアで行われる。報道によると、木村は7月から渡航し、プロジェクトに参加することになるという。

「本来であれば『文春オンライン』の記事が出てすぐ、翌16日の早朝にもKoki,の主演映画の情報解禁をしたかったはずです。しかし、父親の木村の海外ドラマの出演という“別件”があったため、“そのタイミングはマズい”となったそうです。もともと6月16日朝に出る予定が組まれていた木村の海外ドラマ出演のニュースが大きく扱われないといけませんからね。

 そのため、映画『牛首村』が遠慮する形となり、Koki,の主演映画の情報は6月16日の早朝ではなく、木村の海外ドラマの情報解禁から遅れること半日、その日の18時という、他のニュースに埋もれてしまうような時間に解禁されたといいます」(前同)

■ホラーをデビュー作に選んだのも工藤静香の戦略……

 6月16日18時、多くのスポーツ紙のWEB版がKoki,の映画主演デビューを報じた。清水監督はKoki,について「ミステリアスな存在感と物怖じしない物腰、時折垣間見える負けん気に大きな魅力を感じる」「初めての映画にホラーを選んでもらえたことにも、日本の通常の芸能活動の枠を超えた度量と野心を感じる」と期待を寄せている。

 6月17日発売の『週刊文春』では、Koki,が女優デビュー作としてホラーを選んだのは、Koki,の所属事務所社長でプロデューサー的立場にいる母親の工藤の戦略だと伝えている。

「幼少期から英語、フランス語、中国語などを学び、海外での活動を視野に入れており、当初はハリウッドを目標に定めていたといいます。しかし、実績のないKoki,にいきなり海外からオファーが来ることはありません。そのため、すでにハリウッドで『呪怨』が評価されている清水監督の作品でのデビューを選んだとされます」(夕刊紙デスク)

 記事によると、ジャパニーズホラーは海外でも高い人気を誇っており、工藤は、今回のKoki,主演作がアメリカなどでリメイクされる可能性も視野に入れているという。

「ただ、ホラーをデビュー作に選んだ理由は他にもあると言われています。そもそも、演技未経験のモデルがいきなり映画の主演に抜擢されるのは通常ありえないし、Koki,の演技力も未知数。

 その点、ホラー映画は“キャー!”などと怖がるシーンが多く、巧みなセリフ回しや自然な演技より、顔の表情や叫びが重要になる作品が少なくない。そのため、演技力が問われにくいホラーでの女優デビューになったのでは、とささやかれていますよ」(前同)

 主演映画『牛首村』が『七光村』とも揶揄されているというKoki,。批判の声をはねのけるほどの演技を見せてくれることを期待したい。

関連リンク

  • 6/18 7:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • EVENTCAMERAMAN

    6/20 22:28

    最近の深夜ドラマでは今年解散した演技経験の少ないアイドルグループが主人公のものがあるわけだからこれを今回をきっかけに未知の才能を発揮するかも⁉️

  • 〇〇

    6/20 10:43

    作品を観てから騒げ! クソ記事が!

  • まぁ親のせいでアンチが増えてるのは確かだけど、底辺スタートならこれから何やっても高評価だし、そういう売り方なんでしょうね。 七光村面白そう笑

記事の無断転載を禁じます