今すぐ実行してみて! 恋愛中の不安を減らすための言動4つ

恋をすると、ちょっとしたことで一喜一憂しがち。それも恋愛の醍醐味ではありますが、できることなら毎日安定した気持ちですごしたいですよね。
ということで今回は、不安な気持ちにならないために、恋愛中に避けた方がいい言動についてご紹介します。

SNSの詮索はいいことがないと知る

彼のことをもっと知りたいという思いから、つい彼のSNSをのぞいてしまいたくなる人もいるかもしれません。しかしたいていの場合、それはメリットよりデメリットの方が多いもの。彼がSNSで何を言おうと、それはあなたに向けられた言葉ではないのです。
そのため彼のSNSでの言動で気になることがあっても、彼に直接聞くわけにもいかず、あなたがモヤモヤを抱えることに。それに、SNSでの言動はどこまで本当かわからないもの。彼から直接自分に向けられた言葉だけが真実だと心得ましょう。

起きていないことをあれこれ考えない

恋愛がうまくいかないとき、つい自分に都合の悪い妄想をしていたりしませんか? 「LINEの返信がないのは私に興味がないから?」「私が知らないだけで、実は彼には他に気になっている子がいるのかも」など、彼に何か言われたわけでもないのに、このように考える癖がついている場合は要注意。
どんどんネガティブな気持ちになって自分自身を追い詰めてしまいますし、不安はふくらむ一方です。悩むのは実際に何か起きてからでも遅くありません。どうせ妄想するなら、ポジティブなものにしましょう!

いいときもあれば悪いときもある

彼との関係がなかなか進展しなかったり、うまくいかず落ち込んでしまうような日が続くと、「もう無理かも……」と諦めたくなることもあるかもしれません。でも知っておいてほしいのは、何でもいいときもあれば悪いときもあるということ。うまくいかず落ち込んでしまったら、今はそういう時期なんだなと思うようにしましょう。
よくない時期だって、ずっとは続きません。またよくなると思えば、つらいことが起きても気持ちはラクになります。

何か問題が起きてもあわてない

もし自分から押しすぎて彼に引かれてしまったり、何か彼を不快にさせることをしてしまったりと彼との間に問題が起きてしまうと、何とかして関係を修復しなければと思いますよね。
でも「一刻も早く何とかしなきゃ!」と焦れば焦るほど、いつもの自分なら絶対に取らないようなマイナスな言動を取ってしまい、さらに問題が悪化する可能性があります。何か問題が起きたとしても、まずは冷静になることが大事! 自分の状況を客観的に見ることが問題解決への一番の近道です。

まとめ

恋をすると、ささいなことが気になって不安定な気持ちになりがち。でも自分の気持ちを安定させることが、恋がうまくいくための近道だったりするんです。不安を感じてしまうような言動は極力控えて、安定した気持ちで恋愛したいものですね。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/17 22:00
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます