江口拓也 斉藤壮馬 西山宏太朗ら、人気声優が推しタイトルを朗読

拡大画像を見る

集英社文庫 夏の一冊「ナツイチ 2021」フェアが本日6月18日(金)よりスタート。人気声優が推しタイトルを朗読する。



毎年恒例の文庫フェア「ナツイチ2021」が18日(金)より全国書店にて展開スタート。昨年大好評だった、人気声優がナツイチ対象文庫の中から厳選された作品を朗読してくれる「よまにゃチャンネル」が今年も更新される。江口拓也、小野賢章、斉藤壮馬、竹達彩奈、西山宏太朗が参加している。




【江口拓也が朗読】

『大人は泣かないと思っていた』 寺地はるな 定価671円


【小野賢章が朗読】

『本と鍵の季節』米澤穂信 定価792円

『本日のメニューは。』行成薫 定価638円


【斉藤壮馬が朗読】

『終末のフール』伊坂幸太郎 定価693円


【竹達彩奈が朗読】

『星の王子さま』サンテグジュペリ 訳=池澤夏樹 定価429円

『旅屋おかえり』原田マハ 定価748円


【西山宏太朗が朗読】

『カモフラージュ』松井玲奈 定価660円


【江口拓也と西山宏太朗が朗読】

『おしまいのデート』瀬尾まいこ 定価616円


なお、毎年、フェア参加書店で無料配布している小冊子も今年は2種類展開。一つは集英社文庫のキャラクター、猫の「よまにゃ」が表紙の通常版。もう一つは今回「よまにゃチャンネル」に参加した声優5人が、おススメの文庫を紹介してくれる声優版となっている。(どちらも店頭でなくなり次第、配布終了)


関連リンク

  • 6/18 6:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます