有村架純『コントが始まる』クランクアップ「オタクを演じようと思ってなかった」

拡大画像を見る

いよいよ今週土曜日に最終回を迎える『コントが始まる』(日本テレビ系)で、中浜里穂子を演じた有村架純がクランクアップを迎えた。


有村架純は「楽しすぎて、終わってほしくなかったです。経験値の高い方たちと一緒にお芝居ができて、純粋に芝居を楽しめる現場でした。この3か月で感じていた純粋な気持ちを忘れたくないです。みんなに救われたし、物語にも救われたし、私の今後の経験の中でとっても大切な作品に、心に残る作品になりました。本当に幸せでした。ありがとうございました」とコメントした。



<有村架純 コメント>

――マクベスの1番のファンとして、中浜家のお姉ちゃんとしていかがしたか?

まさか、オタクの部分に共感していただけると思ってなかったですし、オタクを演じようと思ってなかったんですね。ただただ一生懸命まっすぐに里穂子のキャラクターって、どういうキャラクターなんだろうっていうことを考えて、とにかく一生懸命生きたいなという思いでやらせてもらったら、まさかの、おオタク度が…。

でも、本当に心から楽しんで、里穂子を生きられたと思いますし、それはマクベスの3人や琴音ちゃんだったり色んな役者の方々が、里穂子というキャラクター像を作ってくれたのかなって思ってます。色んな方向からキャラクターを詰めてもらったので、無事に演じ切ることができたのかなって思っています。


『コントが始まる』最終回は、いよいよあした10時放送。マクベスの解散ライブも開催日は6月19日。失敗を経験しながらも、もがき、悩み、そして笑いながら生きてきた彼らの生き様。春斗が最後に導き出す自問自答の答えとは?


(C)日本テレビ

関連リンク

  • 6/18 6:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます