「これでお別れなんて嫌だ!」松坂桃李“桃地”、奇跡の愛の物語がついに完結

拡大画像を見る

松坂桃李が主演を務めるドラマ『あのときキスしておけば』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~)の最終話が、6月18日に放送される。

壊滅的にポンコツなスーパーの従業員・桃地のぞむ(松坂)はある日、大好きな漫画の作者・唯月巴(麻生久美子)と出会いお近づきになり、友だち以上恋人未満な関係になるも、巴は不慮の事故で帰らぬ人に。悲しみに暮れる桃地の前に現れたのは、巴の魂だけが乗り移ってしまった見知らぬおじさん(井浦新)だった。大石静脚本で描かれる衝撃の“入れ替わり”ラブコメディ。

前回放送された第7話では、ついに桃地が愛を告げ、巴とオジ巴にキスをするシーンが描かれた。インターネット上では「美しくて、そして切ない。とても素敵なシーンでした」「桃李さんの繊細な演技がほんと好き」「桃地の決死の告白シーンに震えました……釘付けになったとてもとても美しいシーンだった」との声が寄せられた。

<最終話あらすじ>
「好きです、好きです、愛しています」。ついにプロポーズを果たした桃地のぞむ(松坂)は、輝く夕日の中、そのまま唯月巴(麻生/井浦)と初めてのキスを交わす。

あのとき出来なかったキス――。しかしこれが、桃地がオジ巴に会った“最後の時間”となった――。

そんな事実には露ほども気づいていない桃地は、スーパーに戻り、キスを果たしたことを「スーパーゆめはな」の仲間たちに報告。大はしゃぎする面々、その事実はあっという間に高見沢春斗(三浦翔平)にまで伝わり……?

そんなある日、高見沢から「SEIKAの空」が最終回まで一気にアップされていると電話が入る。気づけば最後にキスをしたあの日から、オジ巴は現れず、ずっと田中マサオ(井浦)のままだという事実に気づく桃地。浮かれた気分は一転、嫌な予感がよぎった桃地は慌てて巴の自宅へ向かうが、そこに巴の姿はなく、部屋はきれいに片付けられていて……?

一方その頃、巴の母・妙(岸本加世子)や高見沢、東源出版の生馬忠士(角田貴志)のもとに、突然ハイテンションなオジ巴が現れて……。

なぜ彼女はおじさんになって、この世に舞い戻ったのか? すべての秘密がいま、明かされる。

関連リンク

  • 6/18 6:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます