聴覚を失った9歳の牧羊犬、ハンドサインを覚えて見事復帰「何かを始めるのに遅すぎることはない」(英)

拡大画像を見る

牧羊犬として活躍していたボーダーコリーの“ペギー(Peggy)”は9歳を迎え、人間でいうと50歳半ばとなった。ペギーは健康そのものだったが突然聴覚を失ってしまい、羊飼いである飼い主から発する声や口笛などの合図を聞き取ることができなくなってしまった。

ペギーの耳にはしこりや感染症の疑いはなく、聴覚を失ってしまった理由は分からなかった。

困り果てた飼い主は、ペギーを英国動物虐待防止協会「RSPCA」に引き渡したという。「耳が聞こえないのなら、牧羊犬として復帰するのは不可能」と誰もが思ったが、RSPCAで働くクロエ・ショーテンさん(Chloe Shorten、28)は諦めなかった。

クロエさんは夫で羊飼いでもあるジェイソンさん(Jason、34)と共に、伝統的な牧羊犬への合図をボディランゲージやハンドサインに置き換えてペギーのトレーニングを始めた。

牧羊犬トレーナーとクロエさんたちの牧羊犬である“シド(Sid)”と“ノラ(Nora)”の協力を得て、「いい子(Good girl)」の時には親指を立ててサムズアップのハンドサインを送り、「待て」の時には手のひらを見せるといった具合に教えた。

「ペギーが仕事をしたいと思っているのは分かっていました。声に頼らず飼い主と一緒に仕事ができるようになるために、長い時間をかけてペギーとトレーニングを行いましたよ。」

「第2の人生を得て、楽しむペギーの姿を見られたのは本当に素晴らしいことです。ペギーは老犬にも新しい芸を教えることができると証明したのです。」

クロエさんとのトレーニングを続けていくには、老犬のペギーにとって辛抱強さも必要だったかもしれない。それでも「何かを始めるのに遅すぎることはない」ということを、ペギーは身をもって証明したのだ。

通常の犬なら声をかけるだけで反応するが、ペギーのように耳が聞こえない場合には視界に映る場所で手を振って注意を引かなければならないため、すぐには合図に気付かない時もあるという。それでもクロエさんは、このように明かしている。

「私たちはペギーを無理に外へ連れ出そうとはしていませんが、チャンスがあればペギーは走り回るのが大好きなので、いつも一緒に外に出ます。離れてどこかへ走っていってしまったら、ペギーを呼び戻すことは難しいので、念のために首輪にはGPSを取り付けています。今も学びの途中にあり、どんどん上達していますよ。」

画像は『The Sun 2021年6月15日付「HAND OF DOG Deaf collie can now round up sheep again after being taught sign language」(Credit: SWNS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 6/18 5:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます