実際どうなの?初対面での「ちょうどいい距離」って?

初対面でどれくらいの距離感で話をすればよいのか、最初はとても迷いますよね。
なれなれしいのはまずいし、でも堅苦しいと物足りないと思われるし……と困っている人は多いでしょう。

そこで今回は、初対面でのちょうどよい距離感のポイントをまとめてみました!

(1)目を見て笑顔で話すだけでも好意的な印象に


初対面ではどう接するのが正解なのか迷うことも多いものです。
しかし基本的には、目を見て笑顔で話すだけでも、好意的な印象は十分伝わります。

そのためできるだけ好意的な印象をもってもらいたい……と思ったら、まずはとにかくアイコンタクトと笑顔を心がけましょう。

(2)否定的な言葉は避けよう


否定的な言葉を避けて、会話中の印象をよくすることも大事なポイントですね。
最初からネガティブな言葉が多いと、相手を拒絶しているような印象になるため要注意です。

相手の話をよく聞いて、まずは同意や共感の言葉を多めに使うことを意識していきましょう。

(3)少し褒め言葉をプラスすると好印象に


初対面では、少し褒め言葉を加えて使うとさらに好印象になります。
もちろん褒めすぎは不自然なので、初対面でいいと思ったポイントを1つ~2つ褒めれば十分です。

見た目や仕草などのポイントを褒められれば、ちょっとした褒め言葉でも嬉しいと感じる女性は多いでしょう。

(4)相性のよさそうな人には積極的な様子を見せる


趣味がぴったり合う人や価値観の相性のよさが明らかに感じられる人には、より積極的に距離を詰めていくのもありでしょう。

最初から共通点となる話で盛り上がれば、すぐにでも親しくなれるはずです。

相性のよい人には、そういったスピード感も大事になってきます。
この人とは親しくなれそう!と思ったら、ときには積極的な姿勢も見せていきましょう。


初対面では距離の取り方・縮め方がとにかく難しいですよね。
まずは悪い印象をもたれないためのふるまいや話し方を意識することが大事です。

ぜひ初対面から好印象な人を目指して、交友関係を広げていきましょう♪

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/17 21:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます