牛赤身肉研究所!?15分歩いても食べたい焼肉・東京「鳴尾.b」

拡大画像を見る

武蔵小山駅から徒歩15分。立地は決して良くないけれど、美味しさと店員さんのサービスに何度も行きたくなる「焼肉 鳴尾.b」。入口には「牛赤身肉研究所」とあるほど、赤身肉にこだわりがあります!


まずは1品料理から


初めての出会い!トマトのキムチ



お肉を焼く前に1品料理から。最初はトマトのキムチ。キムチと言えば白菜が一般的ですが、変わり種が!ピリッと辛くてとっても美味しく、箸が進みます。結局もう1個頼むくらいハマる味です。他にもユッケを頼みました♪


メインが登場!どんどん焼いていきます


まずはタンからスタート



人気No.2メニューと言われるタン塩があまりにも美味しかったので、厚切りタン塩も頂くことに。食べ応え抜群で、噛んだ瞬間に脂が口の中に広がります。とっても贅沢な気持ちになれる、タン塩好き必見の1品です!


続いては、ササニク!



人気No.5メニューのササニクは、おしゃれなフレンチの様ない出で立ちで、期待感をより高めてくれます。網の上で2枚を広げ、焼き終わったらカット。とても柔らく、あっという間に口の中から消えてしまいました!


和牛リブロースの芯も!



赤身のお肉が多い中で、数少ない霜降りのお肉が、この和牛リブロースの芯。上質な脂で、口もお腹も満たされちゃいました…♪
「がっつり脂が乗っているお肉を食べたい!!!」という方に、特におすすめの1品です。


そして、人気No.1を…



お肉の部位の中でも最上位とも言われるシャトーブリアン。これを頂きにきたといっても過言ではありません。こんなに美味しいのになんと¥1,000(税込)いかないんです。お財布にも優しい!信じられません♡


牛赤身肉の研究をしたいなら!


美味しいのは勿論のこと、メニューを見ながら色々な赤身肉のことを知れるのも嬉しいところ。帰りは駅からの距離を忘れてしまうほど、美味しいお肉で心が満たされます♪


<スポット情報>
焼肉 鳴尾.b (ナルオべー)
住所: 東京都品川区荏原4-5-17 ライオンズマンション荏原 2F
電話: 03-5749-3329

関連リンク

  • 6/17 22:56
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます