レアル・マドリード退団のS・ラモス、会見で涙「お別れではなく『また会おう』」

拡大画像を見る

 レアル・マドリードを退団するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、17日に会見を行った。同日、イギリスメディア『アスレティック』が伝えた。

 現在35歳のS・ラモスは、2005年夏にセビージャからレアル・マドリードに移籍した。在籍16年で公式戦671試合に出場し、101ゴールを記録。5回のラ・リーガ制覇や、史上初の3連覇を含む4度のチャンピオンズリーグ優勝など、数々のタイトルをもたらした。今シーズンは度重なるケガや新型コロナウイルス感染の影響で公式戦21試合出場にとどまり、EURO2020のスペイン代表メンバーからも外れていた。

 17日に退団セレモニーを行った同選手は、次のようにコメント。涙を浮かべながら、レアル・マドリードへの感謝を述べた。

「人生で最も難しい瞬間のひとつだ。レアル・マドリードに別れを告げる準備などできていないけど、その時が来てしまった。いつも一緒にいてくれた家族、そしてクラブ、僕に愛情を注いでくれた会長、コーチ、チームメイト、クラブスタッフに感謝したいと思う。それに、どんな時も僕を支えてくれたファンの皆さんにも感謝したい。サンチャゴ・ベルナベウでお別れしたかったけど、僕の心の中にはいつも君たちがいる」

「これはお別れというよりも、『またすぐに会おう』という意味だよ。遅かれ早かれ、僕は戻ってくるだろう」

「僕の人生の素晴らしいステージは終わったけど、新しいエキサイティングな未来が待っている。僕は自分のレベルを示し、さらにいくつかのトロフィーを勝ち取ることを楽しみにしているよ」

関連リンク

  • 6/17 20:51
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます