【地方競馬】新種牡馬ラニ産駒が門別で初勝利!

拡大画像を見る

 17日の門別2R(JRA認定アタックチャレンジ競走)は、2番人気のポップツッキー(牡2、北海道・田中淳司厩舎)が勝利。同馬の父であるラニはこれが中央・地方通じて産駒の初勝利となった。

 ポップツッキーは母テーマソング、母の父ジャングルポケットという血統。デビュー3戦目での勝ち上がりとなった。

 ラニは父Tapit、母ヘヴンリーロマンス、母の父サンデーサイレンスという血統。半兄に2016年JBCクラシック(JpnI)を制したアウォーディーがいる。

 現役時代は2歳時にダートで2勝をあげたのち、海外遠征へ。海外初戦となったUAEダービー(G2)を制すると、その後アメリカへ転戦。日本調教馬として史上初めて米クラシック三冠すべてに出走を果たした。(ケンタッキーダービー9着・プリークネスS5着・ベルモントS3着)

 2017年10月に引退し、アロースタッドで種牡馬入り。今年の2歳世代が初年度産駒となる。

関連リンク

  • 6/17 20:21
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます