「意味のないたられば」「安仁屋算みたい」 日本共産党衆議院議員「内閣不信任決議はあと90票上積みすれば可決できた」ツイートに「負け惜しみ」の声

拡大画像を見る

2021年6月15日の衆議院本会議で、立憲民主党など野党4党が提出した菅義偉内閣への不信任案が自民・公明・日本維新の会などの反対により否決となりました。

これを受けて日本共産党の衆議院議員の清水忠史氏(@tadashishimizu)が次のようにツイート。

【政権交代へ】野党提出の菅内閣不信任決議案は否決されました。ただ、投票結果は賛成134票、反対322票であり、あと90票上積みすれば可決できました。前回衆院選で野党候補(維新除く)が統一していれば逆転できた小選挙区が80以上ありました。政権合意、選挙公約、統一候補の実現で政権交代へ。

これに対しては、「90票って3/4近くくらいあるんですけど」「意味のないたられば」「負け惜しみにしても雑」という反応が続出していたほか、「不信任案だけ通してどうしたいのか」といった疑問が上がっていました。また、野球解説者の安仁屋宗八氏が2011年の広島カープのシーズン勝利数を101勝と予想した事にちなみ「安仁屋算みたい」という反応もありました。いずれにしても、清水氏のツイートは「机上空論」と捉える向きが多かったようです。

なお、内閣不信任決議に関しては、日本国憲法第69条で次のように定められています。

内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、十日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。

戦後では、過去に4回不信任決議は可決されていますが、1993年6月18日の宮沢喜一内閣以降では可決された例はなく、「切り札」「伝家の宝刀」と呼ばれたのは過去の話なのではないでしょうか。

※画像はTwitterより
https://twitter.com/tadashishimizu [リンク]

関連リンク

  • 6/17 18:15
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます