【地方競馬】ケラススヴィアが第12代女王に! グランダム・ジャパン2021 3歳シーズン終了

拡大画像を見る

 牝馬競走の振興と牝馬の入厩促進を主な目的に、2010年に創設された世代別牝馬重賞シリーズ『GRANDAME-JAPAN(グランダム・ジャパン)』。

 12年目を迎えた2021年の第1弾、グランダム・ジャパン3歳シーズンは、3月23日の若草賞(名古屋)を皮切りに6月16日の関東オークス(川崎)まで全8戦が行われ、桜花賞(浦和)、東京プリンセス賞(大井)と南関牝馬クラシック2冠を制し、3冠目の関東オークスでも地方馬最先着の2着となったケラススヴィア(牝3、浦和・小久保智厩舎)が、合計47ポイントでグランダム・ジャパン3歳シーズン総合優勝を果たした。

 また、2位は30ポイントのグロリオーソ(牝3、大井・佐野謙二厩舎)、3位は20ポイントのサンシェリダン(牝3、高知・工藤真司厩舎)となり、この3頭にボーナス賞金が授与される。

 なお、ケラススヴィアは2020年のグランダム・ジャパン2歳シーズンも優勝している。2歳シーズンと3歳シーズンの連覇はグランダム・ジャパン創設史上初とのこと。

(NAR地方競馬全国協会のリリースより)

関連リンク

  • 6/17 12:55
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます