【英・プリンスオブウェールズS】R.ムーア騎乗、10ヶ月ぶり復帰のラブがG1・4連勝/海外競馬レース結果

 現地時間16日、イギリスのアスコット競馬場でG1・プリンスオブウェールズS(4歳上・芝1990m・6頭立て)が行われた。

 少頭数で積極的にハナを切る馬はおらず、1番人気ラブ(Love、牝4、R.ムーア騎手)が押し出されるように先頭へ。直線で外から進出した5番人気アウダーリャ(牝5、W.ビュイック騎手)に一旦は並びかけられるもこれを差し返し、3/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分6秒86(良)。

 2番人気アーモリー(牡4、S.ヘファナン騎手)はさらに3/4馬身差の3着。前年覇者で前走はドバイターフ(UAEG1)を制したロードノース(セ5)は、速い馬場状態を嫌い出走を取り消した。

 ラブは父Galileo、母Pikaboo、母の父Pivotalという血統。アイルランドのA.オブライエン厩舎の管理馬。

 昨年は1000ギニー、オークス、ヨークシャーオークス(いずれも英G1)を制し今回は10ヶ月ぶりの復帰戦、そして牡馬との初対決だったが、見事に勝ち切ってのG1・4連勝を収めた。通算成績は11戦7勝(うち重賞6勝)。

関連リンク

  • 6/17 1:31
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます