「何を話せばいいかわからない」ヒゲ男との付き合い方に悩む私。そんな中夜中の1時に自宅のチャイムが鳴って…【タイプの男性と付き合って沼った話】<Vol.24>

SNSで話題!超タイプの男性と付き合って、沼に落ちた漫画!
「@ppppinkchan」さんの「「何を話せばいいかわからない」ヒゲ男との付き合い方に悩む私。そんな中夜中の1時に自宅のチャイムが鳴って…【タイプの男性と付き合って沼った話】<Vol.24>」を紹介します。


オシャ髭男性と付き合ってから、別れるまでの話です…
前回、ひげ男から遊園地デートに誘ってもらってウキウキのぴんくちゃん。

でも当日、ひげ男は待ち合わせ時間になっても家で寝ていました…。

遊園地に着いたものの…




こんな時間に…誰?!




飲んだ帰りに…




ぴんくちゃん、とうとう我慢の限界…?!



ひげ男といても楽しさより、不安が大きいことに気づいたぴんくちゃん。

そろそろ、ひげ男の態度に堪忍袋の緒が切れる予感…?!
いや、切れて当然!切れなきゃおかしい…!!

今回は「「何を話せばいいかわからない」ヒゲ男との付き合い方に悩む私。そんな中夜中の1時に自宅のチャイムが鳴って…【タイプの男性と付き合って沼った話】<Vol.24>」をご紹介致しました!

次回、自己中が過ぎるヒゲ男。下手に出ていたぴんくちゃんもとうとう堪忍袋の緒が切れて…報復開始?!

毎日1日1話更新中♪
次回の配信もお楽しみに!


(恋愛jp編集部)(イラスト/@ppppinkchan)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/17 17:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます