【喧嘩に繋がる発端】はコレ!言葉に注意して!

拡大画像を見る

喧嘩をするつもりがなくても、喧嘩になる原因になる言葉は存在します。喧嘩になぜなるんだろう?そんな疑問が生まれているのであれば、まずはこんな言葉を発していないか考えてください。


訳がわからない

話をしていて、訳がわからない。そんな言葉を投げかけられたら、もちろん喧嘩の発端となって当然です。しかし、実際の話の流れで発した言葉であり、言った女性側は気になっていません。
大事なのは男女の温度差にあります。訳がわからないと言われた時の男性は、とても嫌な気持ちとなるようです。


知らない

言い方もありますし、もちろん聞かれた際に回答する場合もありますが、そんな言葉を伝えるのはあまりよくありません。仮に知っている?と聞かれて知らないと答えるのは普通の会話ですが、なぜか知らないという回答に抵抗がある場合があります。
楽しい時を崩してしまうほどの言葉となるようです。


あっそ

明らかに楽しく話をしている男性に対して、あっそと変えられるのは楽しくありません。自分に興味がないのではないか?あるいは、一緒にいて楽しくないのでは?と解釈されます。
彼は彼なりに会話を盛り上げようとしています。彼の努力の骨を折るような態度をしないようにこころがけるべきです。


ふーん

話をしてふーんと流すのは、彼にとって面白くないのだと感じます。相手にとって、聞き流されることほどショックな事はなく、喧嘩までいかなくても機嫌が悪くなるのは致し方ないのかもしれません。
相手をよく理解して、相手の気持ちを察して発言することが一番と言えますし、幸せな付き合いができるかどうかはとても大事なのです。


まとめ

言葉は幸せにもなりますし、あるいは残酷にも人を傷つける材料となる場合もあります。それでは決して良い結果になることはありません。楽しいな、幸せだなとお互いが感じる付き合い方をするためにもぜひ言葉に気をつけて接してください。(eluna/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/17 13:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます