スティーヴン・スピルバーグがトニー賞受賞舞台を映画化! HBO映画『OSLO / オスロ』が日本初上陸。

拡大画像を見る

スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮でトニー賞受賞舞台を映画化したHBO映画『OSLO / オスロ』が6月28日(月)よりU-NEXTにて見放題で独占配信されることが決定。イスラエルとパレスチナの間で結ばれたオスロ合意までの知られざるドラマを描いた本作のティザー予告も解禁。宿敵同士が歩み寄ることは可能なのかー?

6月28日(月)にU-NEXTで独占配信されることが決定したHBO映画『OSLO / オスロ』。トニー賞演劇作品賞受賞をはじめ数々の演劇賞を総なめにし、日本でも坂本昌行、安蘭けいによって今年初上演された同名舞台を、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮で映画化。

本作は、いまから約30年前の1993年、イスラエルとパレスチナ解放機構(PLO)の両代表が初めて和平交渉に合意した「オスロ合意」までの知られざる実話を描いた物語。この歴史的な和平交渉を叶えたのは、1組のノルウェー人夫婦だった。いかにして、お互い会うことすら禁じられ、激しく敵対する両者の対話が実現したのか?なぜ夫婦は危険を顧みず、献身的に寄り添ったのか?イスラエル人、パレスチナ人、そしてノルウェー人による、スリリングな秘密裏の会合、思いもよらない友情、そして静かな勇気が描かれる。

外交官の妻と社会学者の夫のノルウェー人夫婦を演じるのは、ゴールデン・グローブ賞受賞者のルース・ウィルソン(『ダーク・マテリアルズ/黄金の羅針盤』、『ミセス・ウィルソン』)、エミー賞ノミネートのアンドリュー・スコット(『Fleabag フリーバッグ』、『007 スペクター』、『1917 命をかけた伝令』)。
製作総指揮に、スティーヴン・スピルバーグ、マーク・プラット(『ラ・ラ・ランド』、『シカゴ7裁判』、『クルエラ』)が名を連ね、脚本に原作舞台を手掛けたJ・T・ロジャース、監督にエミー賞受賞舞台監督バートレット・シャー、撮影にアカデミー賞に2度輝いた名匠ヤヌス・カミンスキー(『シンドラーのリスト』、『プライベート・ライアン』)と、豪華スタッフが集結。

© 2021 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

「圧倒的な力作」(ワシントン・ポスト)、「今、観られるべき作品」(TVガイド)、「夢中になった」(ハリウッド・レポーター)と海外メディアから絶賛評が送られ、辛口映画批評サイトのロッテン・トマトでも81%の高評価をマークした『OSLO / オスロ』を、U-NEXTでは、5月29日の全米HBO・HBO Maxの放送・配信からわずか1ヶ月の6月28日(月)より、見放題で独占配信。ぜひお見逃しなく。

『OSLO / オスロ』(原題:OSLO)
6月28日(月)よりU-NEXTにて見放題で独占配信
© 2021 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

関連リンク

  • 6/16 12:49
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます