アニメ『バイオハザード』レオン、大人の魅力あふれる場面写真公開 シリーズ初のスーツ姿も

 7月8日より配信開始となるNetflixオリジナルアニメシリーズ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』より、シリーズ屈指の人気を誇るレオン・S・ケネディの新たな場面写真が一挙解禁された。

 本作は、今年25周年を迎えるゲーム『バイオハザード』シリーズの人気キャラクター、レオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドの2人を軸に物語が展開するホラーアクション作品。

 歴代『バイオハザード』シリーズに登場する数々のキャラクターの中、外見も内面も屈指の”イケメン”として愛されているレオン。端正な顔立ちはもちろんのこと、柔らかな髪を風になびかせながら、名優トム・クルーズのごとくバイクが似合い、クールで落ち着きながらも正義感の強い人柄で<シリーズ人気No.1イケメン>との呼び声も高い。シリーズの時系列に沿って年齢を重ねるだけでなく、数々の修羅場をくぐり抜けてきたことから人間的な渋みが増している。シリーズを追い続けるファンと共に成長してきた存在だ。

 本作では、ホワイトハウスでの事件捜査のため召集されたレオン(森川智之)が、見慣れた革ジャン姿だけでなく、初のスーツ姿を披露。鍛え抜かれた体にフィットしたフォーマルなスーツ姿は、いつもとひと味違う大人な色気を醸し出し、30歳目前にしてさらに渋みを増した姿が堪能できる。

 場面写真では、歴戦をくぐり抜けてきたレオンの大人の哀愁が漂う姿にフォーカス。羽住英一郎監督は「正義感の強い若いレオンと、果てしない闘いに少し疲弊してきた感のある『バイオハザード:ヴェンデッタ』の2014年時代のレオンと、その中間に位置する2006年を描く事により、白か黒ではないややビターな立ち位置に彼を立たせた」とコメント。「スーツ姿のレオンは、その象徴として重要なキービジュアルですが、カッコよく着こなしてくれたので、流石はレオンだなと思いました」と語り、本作で描かれるレオンの立ち位置とともに、そのビジュアルも絶賛している。

 Netflixオリジナルアニメシリーズ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』は、Netflixにて7月8日より全世界独占配信。全4話。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/17 10:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます