占い師・キンプリ岸優太「TOKIOは来年ライブをやる」に3人「大マジ硬直」の裏側!

拡大画像を見る

 6月16日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)にKing&Princeの岸優太(25)が出演。趣味でタロット占いをしているという岸は、ゲストの沢村一樹(53)とTOKIOの城島茂(50)、国分太一(46)、松岡昌宏(44)を占った。

「天然キャラで知られる岸の占いとあって不安な部分もあったのですが、『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)でMCを務める沢村は、岸が占いを終えると、“いろんな占い師の方に見てもらってるんですよ番組で。同じこと言われた”“番組に出てる占い師さんくらいの的中率あるかもしれない”と評価。岸の占いが意外に当たっているようなんです」(テレビ誌ライター)

 占い番組MCの沢村のお墨付きをもらった岸の占い。続いて、TOKIOの3人を占うことになったが、そこで、衝撃的なやり取りがあったという。

「岸はTOKIOの未来を占っていた際、“またもしかして、音楽やりたいとかあります?”と現在は音楽活動をしていない3人に質問をします。これに対して城島、国分、松岡は完全に固まってしまいます。

 しばらくして松岡が“ここで誰も頷かないってことは(音楽活動を)やらない”とし、城島も“誰が歌うんやろ”とコメントしました。否定的な返事がTOKIOからあったのですが、それでも岸は、“多分やるかもしれないですね。ちょっと音楽的な何かを”“ライブっぽいですね”とし、活動のタイミングについても“来年ですね”と話したんです」(前同)

■岸の占いは“図星”!?

 かつて、本格的なバンドとして活躍していたTOKIOだが、ベースを弾いていた山口達也(49)が2018年4月、当時女子高生だったタレントに危害を与えた事件で書類送検され、同年5月にジャニーズ事務所を退所しグループを脱退。ボーカルギターの長瀬智也(42)も、今年3月いっぱいでジャニーズを退所し、グループを去っている。

「松岡さんが音楽活動に対して否定的な見解を示して、城島さんも“誰が歌うんやろ”と話していましたが、山口さんのみならずボーカルの長瀬さんまでいない状況とあって、2人が話した通り現在、TOKIOには音楽活動をやる計画はないのではないでしょうか。岸さんが占った、来年、ライブが行われるというのは、現実的には難しそうですよね。

 ただ、岸さんの鋭く切り込んだ、“また音楽活動をやりたい”という部分は、図星だったのかもしれません。だからこそ3人はフリーズしてしまったのではないでしょうか」(芸能プロ関係者)

 長瀬の卒業回となった3月28日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!(鉄腕ダッシュ)』(日本テレビ系)では、城島が作ったTOKIOの4人を模した切り絵をライトで照らすと、壁に5人の影が映った場面があった。

 そこで松岡は「あれ、影が5人だよ?」と反応すると、長瀬が「いいじゃん。どうせ5人なんだから」と話したのだ。

■「どうせ5人なんだから」から見える希望

 前出の芸能プロ関係者は言う。

「『鉄腕ダッシュ』での演出や長瀬さんの発言を見ると、メンバーにはやはり、“TOKIOは5人”という強い思いがありますね。山口さんは退所後、2020年9月にもバイクを運転中に乗用車への追突事故を起こして飲酒運転が発覚し、道交法違反(酒気帯び運転)で逮捕される事件がありました。山口さんはその後、再び断酒のために通院を始めたとの報道もあります。

 早期の芸能界復帰は絶望的な山口さんですが、それでもいずれはTOKIOに合流するとの見方が強いんです。ただ、合流するとは言っても代表取締役にジャニーズ本体の社長である藤島ジュリー景子氏が就任している株式会社TOKIOは難しいと言われています。代わりに、城島さんが昨年7月に立ち上げた個人事務所『S』に山口さんが雑用などを務めるスタッフとして入り、いつか芸能の仕事に復帰する、というルートがささやかれていますね」

 TOKIOは永遠に5人だというメンバーの強い思い、そして山口達也の復帰計画、将来的な5人での音楽活動の希望が潰えたわけではないということだろう。

「5人で集まるとなっても、かなり先のことでしょうね。長瀬さんも、しがらみや制限が生じるような大手のレコード会社や大手芸能プロダクションが絡む仕事はしたくないと言っているそうで、“TOKIO再結成”は現実的ではないでしょう。それでもいつか、一時的でも5人が再び集まって、TOKIOの音楽を奏でるということはありそうです」(前同)

 元々、1989年に山口と城島が『城島茂バンド』を結成。その後、メンバーチェンジを経て1994年9月にシングル『LOVE YOU ONLY』でデビューをつかんだTOKIO。2018年5月の山口脱退までバンドとして活躍を続けてきた彼らが、そう簡単に5人での音楽活動を諦めることはなさそうだ――。

関連リンク

  • 6/17 11:44
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます