いま食べておきたい!「ミニストップ×森永ミルクキャラメル」のコラボ焼き菓子3選

 コンビニエンスストア『ミニストップ』では、6月8日より森永製菓の超ロングセラーお菓子「森永ミルクキャラメル」コラボレーション焼き菓子の販売をスタート。一目でそれとわかるキャラメル色のパッケージを手にレジへと向かうお客さんが、全国各地の『ミニストップ』で頻繁に目撃(笑)されています。

 登場から100年以上が経過した現在でも多くの人に愛され続けている「森永ミルクキャラメル」が、森永製菓による監修のもと「パウンドケーキ」「バームクーヘン」「ロールケーキ」の3品に生まれ変わった今回のコラボメニュー。気になるテイストを、実食で確認してみました!

「森永ミルクキャラメル パウンドケーキ」

 まずは「森永ミルクキャラメル パウンドケーキ」から。封を開けたと同時にキャラメルの甘い香りが漂います。生地に「森永キャラメルソース」が練り込まれ、しっとりとした食感とキャラメルの香り&味わいを楽しめる、とのことですが、そのお味は…おお、確かにしっとりしてる! 安っぽいケーキにありがちなパサつき感は一切なく、ケーキ生地が口の中でほどけていくのに合わせて、森永ミルクキャラメルをイメージできるキャラメルの甘い味わいが広がっていきます。

「森永ミルクキャラメル バウムクーヘン」

 つづいては「森永ミルクキャラメル バウムクーヘン」。こちらも生地に「森永キャラメルソース」が練り込まれているとのことです。パウンドケーキよりも若干しっとり感は弱めですが、パサっとした感じはナシ。バウム生地の甘さから少し遅れて、キャラメルの控え目な甘さがじんわり追いかけてきます。口の中から生地がなくなると同時に甘さがすっと消え、キャラメルの風味がほのかに残る感じ。こんな味わいが出せちゃうのかと、思わず感心してしまいます。

「森永ミルクキャラメル ロールケーキ」

 最後は「森永ミルクキャラメル ロールケーキ」。こちらはクリームを使っていることもあってか、パッケージの中で個包装されています。ケーキ生地とクリームの両方に「森永キャラメルソース」が練り込まれているというその味わいは、生地の柔らかな食感のすぐ後にミルキーさのあるキャラメルの甘さが来ます。クリームはバター系の滑らかさを感じたと同時に口の中からいなくなり、ベタつくことなく甘さの余韻だけが残ります。ケーキ生地の主張が強い分、クリームは一歩引いたポジションになっているようです。

 3品いずれもキャラメルの味わいがしっかりと感じられ、それでいて口の中には甘さよりも“キャラメルの余韻”が残るテイストに仕上がっています。また、どれも小ぶりなサイズですが、食後の満足感はかなりのもの。それでもある程度時間を置くと、また食べたくなってしまう美味しさです。

『ミニストップ』でしか手に入れることができない森永ミルクキャラメルとのコラボスイーツ3品。午後のティータイムや食後のデザートタイムが、いつもより充実した時間になること間違いなしの逸品ですよ! 

●DATA

ミニストップ×森永ミルクキャラメル コラボスイーツ3種

期間:2021年6月8日(火)~
販売:全国の『ミニストップ』 (一部店舗は取扱のない場合あり)
※価格は全て税込

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/17 10:49
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます