高畑充希、背中丸出しの黒ワンピースの上に映える“艶アクセ”が大反響

拡大画像を見る

 6月11日に都内で開催された菅田将暉主演映画「キャラクター」の初日舞台あいさつに登場した高畑充希。腰のくびれまで見えそうなほど大きく背中が開いた艶っぽいデザインの黒いロングドレス姿に、報道陣からは感嘆のため息が漏れたが、疑問の声もあがったようだ。

 というのも、大きく開いた背中にはボディチェーンと呼ばれるアクセサリーが縦に6本、横に1本張りめぐらされており、前を見ると左右のバストを下から支えるように白いレースのU字型モチーフが2つあるため、白いアンダーウェアを着用しているようにしか見えなかったのだ。

「ステージ上に高畑が現れた時は、背中が大きく開いていることより、黒いワンピースの上から白いインナーを着ているようにしか見えない着こなしが、報道陣の度肝を抜いたのだとか。カメラマンの間では『白いアンダーウェアにしか見えない』『背中が大きく開いていることより、バストを持ち上げているような白いアクセサリーがとにかく艶』『衣装やアクセサリーは高畑が嫌がれば予備がいくらでもあるはず。高畑がこの着こなしを選んだと思うと感慨深い』といった声があがっていたそうです」(女性誌記者)

 翌12日は、高畑自身がインスタグラムにこの衣装とアクセをした写真とともに《仕掛けがいっぱい。きゅんです。#見つけた?》と投稿。左右のバストの間には「MITSUKI」とローマ字モチーフが並んでいることがしっかり見て取れる。ネット上では「これはインナーにしか見えない」「アクセサリーといわれてもこれはアンダーウェアでしょ」との声が圧倒的のようだ。

 12月に30歳を迎える高畑。オトナの女性を演出するのも当然かもしれない。

関連リンク

  • 6/17 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます