大久保佳代子、“AKBコス”に「全然イケる!」50歳で“やたらと美人化”の秘密

拡大画像を見る

 お笑いコンビ「オアシズ」の大久保佳代子が6月12日、ツイッターを更新。そこで披露された姿が絶賛を浴びている。

 大久保は〈楽しかった!ちょいアンナミラーズ感あるけど可愛い〉と綴り、胸に大きなリボンを着け、赤と黒のチェック柄の膝上丈20センチのスカートにロングブーツを履きポーズをとるショットをアップ。あまりに若々しい変身ぶりに驚きと称賛の声が上がっているのだ。

「大久保はこの日、都内で行われたAKB48の舞台『AKB48 THE AUDISHOW』にゲスト出演。オーディション形式の芝居の中、大久保は“芸能人限定AKB48オーディション”に参加しました。披露された衣装はその時のもので、舞台の方も大いに盛り上げたといいます」(エンタメ誌ライター)

 大久保はそこで「年齢はペタジーニと一緒です」などと発言。「ヘビーローテーション」のパフォーマンスもみごとにこなしたものの、「踊るたびに膝に水が満ちてます」などと自虐の連発だったというが、ネット上では〈やたら似合ってて怖いぐらいだわ〉〈可愛い!こんな50歳はなかなかいないゾ。全然イケます〉〈最近、大久保さん綺麗になったよな〉といった指摘まで出ているのだ。

「彼女は5月14日の50歳の誕生日を迎えた2日後、ツイッターで《あれから32年経過。すきな言葉はコンドロイチン》と、学生時代の証明写真と今の自身のショットを並べてアップし、《まったく変わってない!》とフォロワーを驚かせています。確かに輪郭も肌艶も劣化はほぼ見られず、今も脅威の若さ(笑)。加えてネット上では最近、コロナ禍に入って酒を飲む機会が減ったせいなのか《痩せた》との指摘もあり、どんどん“美人化”が進んでいるようです」(芸能ライター)

 もともとボディのほうも、「実はEカップ」と爆裂バストであることを打ち明けており、タマらん熟ボディ。年齢を追うごとに新たな魅力が増す大久保さんなのである。

関連リンク

  • 6/17 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます