出会いゼロ!「結婚式の二次会」で印象が薄い男性の特徴9パターン

シングルの身にとって結婚式の二次会は出会いのチャンス。しかし、ただ漫然と過ごすだけでは、良縁に恵まれるどころか、参加女性の記憶にすらまったく残らないかもしれません。そこで今回は、20代から30代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「出会いゼロ!『結婚式の二次会』で印象が薄い男性の特徴」をご紹介します。

【1】男のグループに埋もれて女性と一切交流をもたない
「同窓会のノリで楽しいのはわかりますけど、それだと出会いはないですよ」(20代女性)というように、男だけで盛り上がって終わるパターンです。恥ずかしければほかの友達も巻き込んで、女性グループと接触してみてはいかがでしょうか。

【2】ビュッフェで女性に譲ったりよそってあげたりしない
「せっかく女の子に親切にするチャンスなのに目も合わせなかったりする」(20代女性)というように、自分の食べ物を確保するのに必死すぎるパターンです。順番を譲ったり、親切によそってあげたりして、レディーファーストを心がけるとよいでしょう。

【3】スーツが就活生のようで華やかさが一切ない
「一応パーティーなんだから、多少の色気が欲しい」(20代女性)というように、地味すぎるスーツで参加してしまうパターンです。ホストみたいな格好をする必要はありませんが、仕事着ではないスーツを一式持っていてもよいかもしれません。

【4】女性のほうから話しかけられても返事がつまらない
「せっかく話しかけているのに、話題を広げてくれない…」(30代女性)というように、女性からのアプローチをみすみす逃すパターンです。たとえ好みではない女性が相手でも、練習だと思って話を盛り上げる努力をしてみましょう。

【5】ビンゴで豪華賞品が当たったのに恥ずかしがって前に出ない
「自分をアピールするチャンスだし、豪華賞品に寄ってくる女性もいるのに…」(20代女性)というように、ビンゴに当たったのにモジモジしてしまうパターンです。ひと言コメントを求められることを恐れず、ガッツポーズで壇上に躍り出たいものです。

【6】受付や音響にまわっていて会場にほとんど顔を出さない
「忙しいのはわかりますけど、多少は参加者と交流したほうがいいと思う」(30代女性)というように、裏方に徹してしまうパターンです。係の仕事はできるだけ交代制にして、パーティーを楽しめるように工夫するとよいでしょう。

【7】集合写真にちゃんと写ろうとしない
「あとから顔と名前を思い出そうとしても、写ってないのでわからない」(20代女性)というように、記念撮影で恥ずかしがって写ろうとしないパターンです。集合写真はもちろんですが、会場内にカメラマンがいたら、近くにいる女性と積極的に一緒に写っておきたいものです。

【8】大幅に遅刻してきたり、知らない間に帰っていたりする
「そもそも存在を把握できないので遅刻や早帰りは厳禁だと思います」(20代女性)というように、知らないうちに入退場しているパターンです。どうしても時間があわない場合は、その分騒いで自分をアピールしておきましょう。

【9】お酒を飲み過ぎ、酔っぱらって潰れている
「コミュニケーションを取るどころのレベルじゃない」(20代女性)というように、へべれけに酔っぱらって交流の記憶がないパターンです。お酒は控えめにして、むしろ酔いつぶれた人を介抱することで、女性陣にいいところを見せたいものです。

新郎新婦にとっても参加者同士がくっつけば嬉しいもの。せっかくのチャンスなのですから、いつもと違うはっちゃけ方をしてもよいのではないでしょうか。(熊山 准)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/17 7:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます