理想が高すぎるのはダメ!高望みしたら【いい恋愛】ができない理由4つ

拡大画像を見る

こんな人がいい!といったタイプは皆が持っていますが、大事なのはあまりにも高望みをしないことです。なぜなら高望みをすることによって、素敵な恋愛ができないことがあるからです。今回はそんな理由をお話しします。


いい人に巡り会えない

高望みをすることのデメリットの一つに、自分はこんな人としか付き合えないといった願望が高すぎるため、実際にそばにいる男性が最高の男性なのに全く気づくことができないといったことになりかねないです。
高望みをすることによって、身近にいる素敵な男性のよさに気づけないケースは少なくありません。もったいないと言われる男性に目を向けてください。


好きになれない

高望みをしてしまうことによって、相手を好きになることができないというデメリットになります。自分の中の理想を崩す事ができないので、相手が全てパーフェクトでないと好きになる事はできないのです。
好きになるきっかけがなければ、恋愛に発展する事はありません。恋愛をしたいと思うのであれば、決して高望みはしないべきです。


好きになってもらえない

高望みをしていると男性に知られてしまえば、残念ながら異性から好かれる事はありません。もはやイメージダウンにしかなる事がないといっても過言ではないからです。自分は彼のこと好きではないからとバッサリきるのもいいですが、誰だって好かれたいと思うはずです。
相手との距離感を縮めるためにも、好きになってもらえるきっかけは多い方がいいのです。


自己採点をしよう

高望みをする前に、まずは自己採点してみてください。わたしは、100点満点と自信満々にいえる方なら問題ないですがそんなに自分のことを完璧といいきれるかたは少ないはずです。
もし少しでも、自分にマイナス点を感じるのであれば相手に対しても完璧は求めないようにするべきです。


まとめ

相手に対して高望みをしてしまうのは、彼にとっても自分にとってもいい結果をうみません。まずは自分の理想を当てはめるのではなく、相手のいい部分を探す努力をしてください。(eluna/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/17 7:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます