友近、20歳のころ “現役仲居さん時代”を公開 「今と変わりません」の声も

 お笑い芸人・友近のコントキャラクター「水谷千重子」のインスタグラムが16日、20歳の頃の友近の写真を公開。“現役仲居さん時代”の写真に、ファンからは「今と変わりません」といった声が集まった。

 友近が演じる水谷は、幼少期から活動している演歌歌手という設定のキャラクター。これまでにCDやDVDをリリースしているほか、単独ライブも開催している。一方の友近は7月スタートの火曜ドラマ『プロミス・シンデレラ』(TBS系/毎週火曜22時)に出演。劇中に登場する旅館「かたおか」の仲居頭・藤田明美を演じる。

 水谷が16日に投稿したのは、そんなドラマ『プロミス・シンデレラ』のオフショット。友近が仲居頭を演じることについて水谷は「実際20歳の時道後温泉で仲居さんやってたからね」とコメント。写真は3枚公開されていて、1枚目と2枚目はドラマのオフショット。そして3枚目には20歳の頃に中居として働いていた際の写真も投稿している。

 20歳の頃の着物姿にファンからは「今と変わりませんね」「変わらないですね〜」「ずぅっとお変わりないですね」など反響が寄せられている。

引用:友近のキャラクター「水谷千重子」インスタグラム(@mizutanichieko)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/16 19:05
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます