湖で溺れそうになり犬に救われた子鹿、翌朝に母鹿を伴って会いに来る(米)

拡大画像を見る

米バージニア州カルペパー郡に住むラルフ・ドーンさん(Ralph Dorn、62)が、このほどFacebookに投稿した写真が多くの注目を集めている。写真にはラルフさんが飼っているゴールデン・レトリバーとプードルのミックス犬「ゴールデンドゥードル」の“ハーレー(Harley、6)”が、湖で溺れそうになっている子鹿を助けようとする姿が捉えられていた。

ラルフさんは今月2日の夕方、ハーレーと一緒に散歩に出て自宅近くにある湖を眺めていたそうだ。すると岸から200フィート(約61メートル)離れた沖合に、生後数日ほどと見られる子鹿がいることに気づいた。子鹿は必死に泳いでいるものの首まで水に浸かり、今にも溺れそうな状態だった。

これに気づいたハーレーは即座に湖に飛び込み、子鹿のもとに向かっていった。ハーレーはまるで岸に子鹿を誘導するかのようにそばを離れず、一緒に泳ぎ始めた。そして岸の手前までくると、ハーレーは子鹿を後ろから押し上げて無事に救出した。

その後もハーレーは、心配そうに子鹿の体を舐めてあげるなどして離れようとしなかった。その時、ラルフさんが近くに母鹿がいることに気づきハーレーを連れて子鹿から遠ざかると、安心した母鹿は子鹿を連れてその場を離れていったそうだ。

ただハッピーエンドはこれだけではなかった。ラルフさんが翌朝、妻パトリシアさん(Patricia、64)と一緒にコーヒーを飲んで寛いでいた時のこと、ハーレーが部屋の中を慌ただしく走り回って窓の外を気にしていたため、不思議に思ったパトリシアさんが外の様子を見ようと玄関のドアを開けた。

すると外から子鹿の鳴き声が聞こえ、その方向を見てみると自宅近くの茂みにはハーレーが救った子鹿がいたのだ。ハーレーはすぐに玄関から外へ出て子鹿のそばに行くと、子鹿は鳴き止んで尾を振りながらハーレーの顔に鼻を寄せたそうだ。子鹿は少しばかりハーレーとの再会を楽しんだ後、母鹿と一緒にその場から去っていき、それ以来姿を見せることはなかったという。

そんなハーレーはセラピードッグの資格を持っており、介護施設を訪れたり地元の図書館で子供たちの読書の時間にそばに座って過ごすこともあるそうだ。ラルフさんは米メディア『People.com』のインタビューに応じ、ハーレーについて次のように語っている。

「ハーレーは子犬の時から優しい心を持っていて、子供や動物に対していつも優しく接していました。うちの4人の孫もいつもハーレーにべったりなんです。しかし今回のことが、こんなに反響があるとは思ってもいませんでした。大勢の人の心を動かし、多くの喜びを与えたことを私たち夫婦はとても嬉しく思っています。」

画像は『Ralph Dorn 2021年6月2日付Facebook「I couldn’t find Harley this evening until I looked out on the lake.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 6/16 21:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます