千葉雄大、続役に意気込み「味方をそれなりに根回しして…」<ピーターラビット2/バーナバスの誘惑>

【モデルプレス=2021/06/16】俳優の千葉雄大が16日、都内で開催された映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』ウサギ“超まみれ”イベントに出席した。

本作は、世界的に知られるビアトリクス・ポターの絵本『ピーターラビット』の実写映画第2弾。主人公のピーターラビット(声:千葉)が、故郷である湖水地方を飛び出して繰り広げる大冒険を描く。この日は、千葉とともに吹き替えを務めた哀川翔、YouTuberのカジサックも出席していたほか、60羽のウサギたちも登場した。

◆千葉雄大、黒柳徹子に感激

本作の公開は、新型コロナウィルスの影響を受けて延期されていた。これを踏まえて千葉は「やっと、皆さんにお届けできるっていうのを、本当に嬉しく思っております」と喜びのコメント。

また、本作のCMで共演した黒柳徹子からビデオメッセージが届けられると、『ピーターラビット』の絵本が日本に上陸した際、『ピーターうさぎ』という形で黒柳が声優を務めていたことに触れ「初代『ピーターラビット』という。大先輩。本当に嬉しいですね。黒柳さんも可愛かったです」と笑顔を見せた。

再びピーターの吹き替えを務めたことに関しては「純粋に嬉しかったですし、前作を見てくださった方から『すごく面白かった』って、おっしゃっていただいたりとかして」と周囲の反響を報告。「僕もDVDとかを見返して、すごく元気が出る、パワフルな映画だなと思ったので。皆さんに元気をお届けできるのは、嬉しく思いますね」とも語った。

◆千葉雄大、続役に意気込み

そんな千葉は、ピーターの成長について語っている最中に、ウサギが足元に集まってくると「さっきも来てくれて。ウサギに懐かれる体質なので、声をできて、本当によかったです」とニッコリ。

シリーズ第3弾の映画が製作された場合、参加したいかと質問されると「もちろん、違う人になったら、ちょっと…」と続投の意思を示し「味方をそれなりに根回しして、役を手に入れたいと思います」と語って会場を沸かせていた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 6/16 19:31
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます