石田ゆり子が猫の視点でつづった日記が単行本に 印税は保護猫や保護犬のために使用

拡大画像を見る

2016年から、自身が飼っている猫や犬の写真などを、ペット用のInstagramアカウント『snowhoney3ohagi』で公開している、俳優の石田ゆり子さん。

飼い猫である茶トラのオス猫・ハニオの視点から、日々のことをつづったハッシュタグ『ハニオ日記』は人気を集め、多くのファンを魅了しています。

石田ゆり子の『ハニオ日記』に癒される!

ハニオくんの視点から語られる日常では、石田さんは『おかーさん』という愛称で呼ばれているという設定です。

読めば読むほど愛しさが増す、『ハニオ日記』シリーズの投稿をいくつかご紹介します!

みみを、かたっぽかくしました

自分のことをライオンのように凛々しく思っているハニオくん。かっこよくて、かわいいハニオくんは、お母さんだけじゃなくみんなのアイドルなのです。

おかーさんがばたばたしてる。
ぼくはばたばたしてない。

みみを、かたっぽ、かくしました。
すこちゃんにも
らいおんにも見えるお得なぼくです。

snowhoney3ohagi ーより引用

ぐらぐらゆれて

突然の地震に見舞われて、少しドキドキ。ハニオくんは、いつでもみんなの安全を祈っています。

おかーさんが
おはなししていたとき
ぐらぐらゆれて
すごくこわくて
ぼくははちみつ山になった。

すこしして
大丈夫なふんいきになので
でてきているところです。

snowhoney3ohagi ーより引用

天国へのタクシーに乗っていった友達

友達の猫であるイオちゃんが、天国に行ったことを知ったハニオくん。

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。

ぼくのともだちのイオちゃんが
天国タクシーにのって
おそらにいった。

小さい時にあそんだ
こころくんは
ぼくとおなじとしなのに
天国タクシーがむかえにきた。

snowhoney3ohagi ーより引用

ぽつりぽつりと話すようにつむがれた言葉に、心を揺さぶられますね。

ひらがなでつづられた、優しくて心地よいハニオくん…改め石田さんの言葉には、何気ない日々を営むことの喜びや幸せがつまっています。

単行本『ハニオ日記』全3巻が、好評発売中!

5年間にわたる、石田さんと愛猫たちとの日々をつづった『ハニオ日記』が、全3巻の単行本になりました。

2021年5月31日に発売された単行本には、ペットたちのかわいい写真はもちろん、何気ない日常の尊さを感じる石田さんのやわらかな文章が盛りだくさん。

また、石田さんは、単行本の印税をすべて保護猫や保護犬のために使うことを明かしています。

そしてこの本の印税を全て、
保護猫、保護犬のために
使うことを決めています。

私たちの日々が
彼らを少しでも助けることができるのなら
こんなに幸せなことはありません。

yuriyuri1003 ーより引用

写真集のように少しずつ眺めるのはもちろん、まとめて一気読みしてもよさそうな本書。気になる人はぜひ手に取ってみてください。

[文・構成/grape編集部]

出典 snowhoney3ohagiyuriyuri1003

関連リンク

  • 6/16 18:29
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます