「おにぎりの日」と「おむすびの日」があるって知ってた?

拡大画像を見る

 お弁当の定番といえば、おにぎりですよね。そんなおにぎりに、記念日があるのをご存知ですか? 実は「おにぎりの日」と「おむすびの日」がそれぞれあるんです。

 おにぎりの日は6月18日。石川県鹿西町(現在の中能登町)の遺跡で、日本最古のおにぎりの化石が発見された日にちなんで同町が設定しました。真っ黒く炭化したおにぎりが1987年に遺跡で発見されましたが、約2000年前の弥生時代のものと推定され、その形は三角形だったそうですよ。

 おむすびの日は1月17日。1995年に発生した阪神淡路大震災でボランティアの人々がおむすびの炊き出しを行い、被災した人々を元気付けたといわれます。人が人を助けるということに貢献したおむすび、お米の大切さを改めて理解する日としても認識されています。

 毎年6月18日と1月17日にはおにぎりを握って、おにぎりという文化やお米の大切さに想いを馳せてみるのもよさそうです。

関連リンク

  • 6/16 18:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます