ラウタロ移籍の可能性は?代理人が現状を明かす「インテルと非常に強い関係にある」

拡大画像を見る

ラウタロ・マルティネスの代理人であるアレハンドロ・カマーニョ氏は、『Radio Colonia』の番組『Como te va』の中で、同選手が今夏にインテルを退団する可能性について語った。

「具体的にはまだ何もない。ラウタロが何を望んでいるのかを確認したい。彼は23歳であり、彼の意見は非常に重要だ。もちろん彼の問題にしっかりと取り組まなければなりませんが、まだ明確な状況ではない」

「選手としてのラウタロは、皆さんがご覧になっている通り、非凡な存在であるが、(将来について)お話することは何もないよ。まだ23歳の彼は、“ヨーロッパの偉大なプレーヤーの一人になる”と呼ばれていると思う。どこでプレーするにしても、彼は世界で最も優れた選手の一人になるためのすべてを兼ね備えている」

「インテルはラウタロと非常に強い関係にあると思うよ。というのも、リーグタイトルを獲得し、ゴールを決めることで、ラウタロを欲しがると考えているからだ。世の中には予算というものがあり、もし彼を排除しなければならないとしたら、わずかな金額のために排除することはないだろう。今のところインテルを離れるのは、私が代表を務めるハキミだけだ」

関連リンク

  • 6/16 18:00
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます