真田広之の真骨頂が見られる究極のアクション映画『モータルコンバット』/浅野忠信も参戦

拡大画像を見る

世界で大ヒットする数々のゲーム。私はかつてやり過ぎて気づいたら新しい年になっていたという黒歴史から手を出さないようにしているのですっかり疎いのですが、映画化には目がありません。世界で活躍する日本人俳優、浅野忠信さんと真田広之さんが重要キャラで大活躍する本作も大満足の映画化作品になっています!

 

『モータルコンバット』

 

© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

 
6月18日(金)全国ロードショー
© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
製作:ジェームズ・ワン、トッド・ガーナー、サイモン・マッコイド、E・ベネット・ウォルシュ
監督:サイモン・マッコイド
出演:ルイス・タン、真田広之、浅野忠信、ジョー・タスリム ほか
原題:Mortal Kombat レイティング:R15+
配給:ワーナー・ブラザース映画
 
 

 
 
概要:
社会現象を巻き起こし、世界で最も売れた格闘ゲームの一つ「モータルコンバット」。
激しすぎるバトルと相手にトドメを刺すシリーズ定番描写である“フェイタリティ”の残虐さを理由に、日本では現在未発売となっているゲームシリーズが、唯一無二のデスバトルアクション映画として、ついに日本上陸。

ストーリー:
胸にドラゴンの形をしたアザを持つ総合格闘技の選手<コール>は自らの生い立ちを知らぬまま金のために戦う日々を送っていたが、ある日、魔界の皇帝が<コール>を倒すために放った最強の刺客<サブ・ゼロ>に命を狙われる。
<コール>は家族の危険を察知し、特殊部隊少佐<ジャックス>と女性戦士<ソニア>と合流。
地球の守護者<ライデン>の寺院を訪れる。
そこで太古より繰り広げられてきた世界の命運を懸けた格闘トーナメント“モータルコンバット”の存在と、自らが魔界の敵たちと戦うために選ばれた戦士であることを知る。
コールは新たな仲間たちとともに、自らの秘められた力を解放し、家族、そして世界を救うことが出来るのか?(公式サイトより)
 
 

映画『モータルコンバット』レッドバンド版予告 2021年6月18日(金)公開(レッドバンド版予告:暴力表現や過激な言葉などを含む“大人向け”の予告編)

 
 

 

守護神ライデンを演じる浅野忠信

 
『モータルコンバット』は、ゲーム原作のアクション映画の中でも、バトルシーンは血みどろどころの騒ぎではない残虐描写が満載で大人向き。
例によって、怖いのが苦手な私は指の間から見ることが多かったですが、体に力が入り、高揚感もかなりのもので、結論から言うとすごく面白かったです!

そもそも、格闘ゲーム「モータルコンバット」には“フェイタリティ”というシステムがあり、フラフラになっている相手に与える“トドメの一撃”が「そこまでする必要がある?」という残酷さで、それが人気の一要因のようです。
日本では現在未発売のこのゲーム。
映画ファンとしては、あくまでも映画の中で過激なバトルを視覚的に楽しむことができるのが魅力。

ゲームファンの間で人気の高いキャラクターが次々と登場する中、主人公のコール・ヤングは映画オリジナルのキャラクター。
彼が愛する妻と娘を守るために、格闘トーナメント“モータルコンバット”に身を投じていくことで物語が展開していきます。
 
 

© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

コール・ヤング(ルイス・タン)

 
 
コールは生い立ちに秘密があり、自分の中にある秘められた力“奥義”を覚醒させることで、“モータルコンバット”への参加が見えてきます。

“モータルコンバット”とは人間界と魔界の武術大会で、選ばれたコールたちは人間界の守護神ライデンの寺院に赴き、そこで訓練します。

このライデンを演じるのが浅野忠信さんです。
 
 

© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

ライデン(浅野忠信)

 
 
ライデンは、ずっと目が光っているので、浅野さんの目を世界中の観客に観てもらえないことが、個人的には残念…。

それはさておき。

有名キャラクターのライデン役を演じることで、浅野さんがハリウッドで活躍していることを実感します。
ちなみに浅野さんは、日本では現在、朝ドラ「おかえりモネ」に出演中ですね!
 
 

 

アクション映画の伝説的存在・真田広之

 
アクションスターとして世界でも有名な真田広之さんは、ハサシ・ハンゾウ/スコーピオン役。

ハサシ・ハンゾウとスコーピオンがどのようにつながるのか、私と同じくゲーム未体験の人は「なるほど!」と楽しめます。
 
 

© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

ハサシ・ハンゾウ/スコーピオン(真田広之)

 
 
私は子供の頃から、真田さんのアクション映画のファンで、映画館でたくさん出演作を観てきました。
今回の『モータルコンバット』でも、60歳とは思えない壮絶なアクションを披露している真田さん。
実は、今これを書くために年齢を確認して「えっ、60歳!?」と目を疑いました。

真田さんのキレキレのアクションは、本作が始まってすぐに観られるのですが、冒頭ノーカット7分の映像がありました。

※ネタバレを避けたい方はお気を付けください。
 
 

映画『モータルコンバット』本編映像(冒頭ノーカット7分) 6月18日(金)公開

 
 
これは、ハサシ・ハンゾウの映像です。

さらに、スコーピオンと宿敵サブ・ゼロのバトルの本編映像も!

※ネタバレ注意
 
 

映画『モータルコンバット』本編映像(スコーピオンVSサブ・ゼロ) 6月18日(金)

 
 
真田さんは、ゲーム未体験だったため、出演が決まった直後にゲームやスコーピオンについて検索し、さらに実際にゲームも体験してみようと思ったそうです。
「別の映画のロケ撮影のとき、ゲームセンターに行ってこのクラシックなゲームを見つけたんだ。コインを入れてスコーピオンとサブ・ゼロ(旧名ビ・ハン)のことを知るために、彼らを探してプレイした。もちろん、毎回負けてばかりだったよ」
そう笑いながら話す真田さん。
「それでも、このゲームのストーリー、背景、キャラクターについて学ぶためにプレイし続けた。とても楽しかったよ」

本作のスタントコーディネーターのカイル・ガーディナーは、アクション映画の伝説的存在である真田さんと一緒に仕事ができたことは夢のようであり、彼は究極のプロフェッショナルだと感じたと語っています。
 
 

© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

カッコいい!


 
冒頭ノーカット7分の映像で、ハサシ・ハンゾウの妻ハルミを演じているのは、主演作『女たち』が公開中の篠原ゆき子さん。
 
 

映画『女たち』公式サイト

(私もコメントを寄せております)

 
 
篠原さんもハリウッド進出ですね!
 
 

 

人気TVドラマの出演者も大喜び

 
映画『モータルコンバット』には、ゲームの人気キャラクターが多数登場します。
その中のジャックスを演じているのは、TVシリーズ「SUPERGIRL/スーパーガール」でジェームズ(ジミー)・オルセン/ガーディアンを演じているメカッド・ブルックス。
少しの間、ジャックスがメカッドだと気付かなかったです。
物凄くマッチョでゴツいキャラクターで、「SUPERGIRL/スーパーガール」の時とイメージがちょっと違ったので。

メカッドは、「長年ずっとこのゲームの大ファンで、脚本を読んだときは大興奮だったよ。ジャックスを演じられるなんて、夢が叶った気分だよ」と、喜んで出演したそうです。
 
 

© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

ジャックス(メカッド・ブルックス)

 
 
様々な力を持ったパワフルなキャラクターたちが死闘を繰り広げる中、コールが自ら見出す秘められた“奥義”が明らかになっていきます。
 
 

映画『モータルコンバット』特別映像(豪華キャスト編) 6月18日(金)公開

 
 
圧倒的な映像美と、超ビッグなスケール、圧巻のアクションで映画化された「モータルコンバット」の世界観。
この映画を観たゲームファンの感想をぜひ聞いてみたいです。
きっと満足するのではないかと思います。
 
 

© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

 
 
映画『モータルコンバット』は、今週金曜6月18日公開です。
 
 

© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

 
 

モータルコンバット

モータルコンバット

2021年/オーストラリア=アメリカ/110分

作品情報 / レビューはこちら

関連リンク

  • 6/15 17:30
  • 映画board

スポンサーリンク

ニューストップへ戻る

記事の無断転載を禁じます