40歳過ぎた独身男性が彼女をつくる秘策。見直すべき3点とは

拡大画像を見る

 中年男性たち40~55歳の会社員3300人(既婚2500人、独身800人)へアンケート調査したところ、独身中年男性の約9割が『彼女なし』と回答。「若い頃は結婚願望もあったが、女性を口説くカネもないし、ゼロからコミュニケーションをとり、時間を使うのが面倒くさい」(45歳・運輸)という悲痛な声が多数寄せられた。

◆「未婚・彼女なし中年」を、「彼女あり」にする秘策とは?

 「未婚中年の約9割が『彼女なし』という現状は、独居老人や孤独死の予備軍となりえる」と社会学者の田中俊之氏が指摘しているが、解決策はあるのか? 恋愛・婚活事情に詳しいライターのトイアンナ氏に話を聞いた。

「中年が新たな出会いを求めるならば、見直すべきは『場所、手法、売り方』の3点。

 まず場所についてですが、婚活より『恋活』をすべき。婚活は年齢や年収、学歴などのスペックが真っ先に評価されるので、特筆すべきスペックがないと中年は不利。それよりも性格や人柄が重視される趣味やサークルでの恋活のほうが勝率は上がります。

 もし恋愛そのものから遠ざかってしまっている場合、男女同数のオフ会に行ってみるなど、女性との接点を増やすことが第一歩。コミュ力が磨かれるだけでなく、自分の求める恋人像も明確になるはずです」

◆『彼女欲しいんだよね~』と気軽に意思表明

 次に見直すべきは、手法だ。

「周囲に『彼女欲しいんだよね~』と気軽に意思表明すること。その際、単に『欲しい』だけでなく『どんな人がいいか』まで伝えられるとベスト。『別に彼女なんか欲しくない』と達観していると周囲も放置しますが、『彼女が欲しいから自分も努力する!』と前向きな姿勢を見せれば、周囲は『キューピッドになれたら』と協力的に捉えてくれるものです」

◆カギとなるのは「包容力」

 最後に「売り方」だが、カギとなるのは「包容力」だ。

「包容力とは、トラブルがあった際も『大丈夫だよ』と言える心の余裕です。趣味の場など、自分が得意なフィールドなら包容力を発揮しやすいはず。婚活やマッチングアプリなどアウェーではなく、自分のホームで優しさで包み込む。どんなニッチなジャンルでも、一歩踏み出せば、出会いはあるはずです」

 中年の恋愛に卑屈さはタブー。優しさと余裕を忘れずに。

【起業家・ライター トイアンナ氏】
外資系企業のマーケティング部などを経て、’15年に独立。共著『やっぱり結婚しなきゃ!と思ったら読む本 35歳からのナチュ婚のすすめ』など著書多数

<取材・文/週刊SPA!編集部 モデル協力/古賀プロダクション アンケート/クロス・マーケティングQIQUMOにて調査>

―[中年のお悩み白書]―


関連リンク

  • 6/16 15:52
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます