デパイ、バルサ加入発表は時間の問題...契約内容変更で合意へ

拡大画像を見る

メンフィス・デパイのFCバルセロナ加入はようやく“すぐそこ”まで来ているようだ。
現地SPORT(スポルト)が報じた最新の内容によると、同選手はバルサにサインすることにOKを出し、代理人や弁護士が契約の修正に取り組んでいるため、公式発表が少し遅れてしまったようだ。

しかし、すべてが順調に進めば、この契約は間近に迫っており、セルヒオ・アグエロ、エリック・ガルシア、エメルソンに続く、ロナルド・クーマン率いるチームの一員となる。

バルサは、デパイが受け入れた、契約期間を変更した2つ目の提案を作成したことが、今回の契約につながったのという。
クラブの最初のオファーは3シーズン契約だったが、2シーズンに変更され、一連の目標達成に応じて、“変数で受け取る金額を大幅に増加させること”を条件とした任意の第3オプションに変更されたようだ。

いずれにせよ、契約が迫っているものの、選手本人は欧州選手権に集中しており、彼がプレーするオランダ代表は現地時間17日(木)のオーストリア戦を控えている状況だ。

関連リンク

  • 6/16 14:57
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます