【スタバ新作】3種の「ティードリンク」が登場! スッキリとまったりのコンボで無限に楽しめちゃうぞ

拡大画像を見る

スターバックスが2021年6月16日より、新作ドリンクの販売を開始した。どうやら今回はティー推しらしく、3種ものティードリンクが登場だ。

気になるラインアップは『ピンク フローズン レモネード & パッション ティー』『ほうじ茶 & クラシックティー ラテ』『ゆず シトラス & ティー』。どれもこれも美味しそうではないか。さっそく飲んでみるっきゃないぜ! 

・スッキリ美味しいピンク フローズン レモネード & パッション ティー

ここで、お気付きの方もいらっしゃることだろう。『ゆず シトラス & ティー』は前からあったぞと。その通りで、こちらはリニューアル商品だ。

シトラス果肉を増やし、ゆずの風味を今まで以上に楽しめるようになっているようだ。定番化している商品でさえ美味しさを追求し、変化させていくところは、さすがスタバである。

そんな『ゆず シトラス & ティー(店内価格・税込462円~)』は追々いただくとして、今回は『ピンク フローズン レモネード & パッション ティー』『ほうじ茶 & クラシックティー ラテ』の2種を紹介したい。

『ピンク フローズン レモネード & パッション ティー(税込539円)』は、酸味の効いたパッションティーにピンクグレープフルーツとレモン果汁ベースを混ぜ合わせたピンクフローズンレモネードを、ドボンと落とし込んだドリンクだ。

パッションティーは定番商品としてあるので、飲んだことがある方もいるだろう。こちら、飲んだ瞬間にキュっと口の中が引き締まる酸っぱさで、個人的には好きだ。

そこにピンクグレープフルーツとレモンの果汁とが組み合わさるというのだから、さぞかし酸っぱかろう。そう思いながら、飲んだところ確かにキュっとはする。

しかし、フローズン状のレモネードが思いのほか甘く、混ぜて飲むと程よい酸味だ。優しい、クエン酸の味がする。

レモンとパッションティーの相性がとても良く、スッキリとした飲み心地でこれからの季節に最適だ。一気にゴクゴクと飲めてしまうので、トールだけじゃないもう少し大きなサイズがあればなお嬉しい。

・まったり美味しいほうじ茶 & クラシックティー ラテ

対する『ほうじ茶 & クラシックティー ラテ(税込506円)』は、えらくまったりしている。それもそのはずで、こちらはブレべミルクが使われているのだ。

ブレべミルクは牛乳と生クリームとを混ぜたもので、普段よりプラス50円支払えばミルクを使った商品は、ブレべミルクに変更可能だ。

『ほうじ茶 & クラシックティー ラテ』は、ほうじ茶とブラックティーの茶葉を組み合わせたアイスティーにホワイトモカシロップと、このブレべミルクを入れて作っているという。

飲んでみると、なるほど納得。めちゃめちゃ濃厚なのだ。爽やかなほうじ茶の香りと、ミルクとホワイトモカシロップのもったりした感じが、とても良く合う。

リッチすぎるロイヤルミルクティーのほうじ茶版と言えば、伝わるだろうか。舌に残るネトっとしたミルク感が、クセになること請け合いだ。

正直めちゃめちゃ美味しい。がしかし、カロリーが気になってビクビクしながら飲んだことは言うまでもないだろう。まあ、美味しけりゃゼロカロリーって言うしな……。

スッキリと、まったりと、両方を堪能できる今回のスタバの新商品。交互に飲んで無限に楽しめそうだ。ここ最近スタバが、ティー商品のアイスに力を入れてくれていて嬉しい限りである。この夏はリピ確定だな~。

参考リンク:スターバックス
執筆:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

関連リンク

  • 6/16 11:18
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます