「行けたら行くよ」とつれない男性...強引でも【実現させる方法】って?

拡大画像を見る

好きな男性を誘った時に「行けたら行くよ」と返事をされると、脈なしの可能性は高まります。普段から使う人なら分かる通り「行けたら行く」は本当に行きたい時に使うことはめったにないフレーズなので、遠回しに断られていると認識する方が良いでしょう。
しかしながら、一度もデートができないままでは諦められないという人もいるかもしれません。あなたの良さを相手に知ってもらうためにもどうしてもデートがしたい場合、強引でも「行けたら行く」を実現させる方法を知っておきましょう。


①その場で日時を決める

相手がつれない態度をとったからといって、そこで負けては終わりになってしまいます。片想いの場合、片想いしている側が諦めると全ては終わってしまうため、勇気を出して踏み込みましょう。
「いつなら行けますか?」のように、その場で日時を決めるように多少強引でも話を決めてしまいましょう。そうすれば、約束した手前、相手も断りづらくなってデートに来てくれる可能性が高まります。


②行けるならその場で行く

仕事の後の飲み会など「いつか一緒に行きましょう」という曖昧な誘い方では、相手も「行けたら行く」としか返事できない恐れもあります。できるなら、その場で一気にデートまで誘ってしまいましょう。
「いつか2人で飲みに行きましょう」ではなく「今日、今から2人で飲みませんか?」のように聞くのがおすすめです。仮に今日は用事があるからと断られてしまっても、すかさず「明日ならどうですか」と聞けるメンタルの強さを持つこともおすすめです。


③周りの人も巻き込む

2人きりでのデートにどうしても抵抗がある人には、強引な作戦も通用しづらくなります。その場合は周りの人にお願いして、大勢で出かける予定を作りましょう。親睦会などのように断りづらい内容なら、相手も来てくれるはずです。
ただし、この方法は多くの人の協力が必要なので、多用はできません、1度出かけた時に告白して終わりにするか、その場で好感度を上げて今度は2人で出かけられる位置まで持っていけるように勝負を仕掛けましょう。


脈なしっぽい男性へのアプローチは強引さが必要!

脈なしの男性でも諦められない場合、強引な女性になる必要があります。数回断られた程度で諦めず、不屈の精神で挑むようにしてください。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/16 15:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます