「クリスティアーノよりもメッシが好き」元ミランのレジェンドが2大エースを比較

拡大画像を見る

ACミランで3度のチャンピオンズリーグ優勝を果たした伝説のイタリア人ウインガー、ロベルト・ドナドーニ氏が、『Diario Olé』のインタビューに応じ、過去と現在の歴史上の偉大な選手たちを比較している。

ドナドーニは、ディエゴ・マラドーナ、レオ・メッシ、クリスティアーノ・ロナウドについて語った。

インタビューの冒頭で、元ミランの選手は、アルゼンチンのサッカー界で最も大きな議論の一つである「ディエゴ・マラドーナか、レオ・メッシか」という問題に直面した。

「私はマラドーナもメッシも愛している。マラドーナとペレを比較するのが好きではないように、この2人を比較するのも好きではないよ」

しかし、ドナドーニ氏は、メッシとクリスティアーノ・ロナウドの比較は、同じ時代に重なっていることから妥当だと感じており、誰が一番好きかを告白する際にも恥ずかしさを感じていなかった。

「メッシはクリスティアーノよりも好きだね。技術的に違う選手だからね。試合を見ていると、メッシの方が印象に残っている。クリスティアーノは多くのゴールを決めているが、ピッチ上ではメッシの方が違いを生み出していると思うよ」

  • 6/16 11:54
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます