カゼミロのバックアッパーを探すレアル...3選手のMFが獲得候補に浮上

拡大画像を見る

レアル・マドリーの監督に再就任したカルロ・アンチェロッティは、明確なアイデアを持って着任し、予算的な制約があるにもかかわらず、カゼミロのバックアッパーの獲得に全力を注ぎ、この重要なDMFのポジション争いをより高めたいと考えているようだ。

現地SPORT(スポルト)の見解によると、イタリア人監督は、同ポジションを補強するために、サッスオーロに所属するマヌエル・ロカテッリとインテルのニコロ・バレッラ、さらにはプレミアリーグからリーズ・ユナイテッドのMFカルビン・フィリップスを補強リストにあげているようだ。

このように、アンチェロッティは、2人の同胞がチームにフィットする可能性があると考えているようで、クラブに追従を提案した模様。
ロカテッリは23歳で、サッスオーロのロベルト・デ・ゼルビ監督の構想の中で重要な役割を担っている。
昨シーズン、インテル・ミラノでアントニオ・コンテ監督のチームに欠かせない存在だったバレッラも同様だ。

そして、マルセロ・ビエルサがピボットにコンバートさせ、欧州選手権で輝きを放っているイングランド代表カルビン・フィリップスにも注目しているようだ。マドリーは、シーズン中にもずっと彼を追いかけていた模様。

しかし、マドリーの最終的な問題は依然として金銭面であるという。そのため、同ポジションでの補強が難しいと判断した場合にはカスティージャ(Bチーム)所属のアントニオ・ブランコにも注目しているようで、このプランは最も安いオプションである。

また、バイエルン・ミュンヘンを退団し、フリーで加入が決定しているオーストリア人のダビド・アラバは、必要に応じてDMFとしてもプレーが可能である。

果たして、新監督はこのDMFのポジションに対して、最終的にどのような判断を下すのだろうか。

関連リンク

  • 6/16 11:35
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます