離れたくないと思われる?デートの【別れ際のキュンセリフ】って?

拡大画像を見る

デートの終わりはいつだって寂しいものです。お互いにまだデートしたいと思いつつ、次の日の仕事や学校があるので、なかなか泊まるわけにもいかないという切ない時間になるでしょう。
そんな別れ際の時間に、可愛いセリフを言えば一気に男心をつかんで、彼氏に「帰したくない」と思わせることができるかもしれません。男性をキュンキュンさせるような、別れ際に言いたいセリフにはどのようなものがあるのでしょうか。


「楽しかったなぁ」

いくらデートが楽しくても、態度だけでは彼氏にしっかり伝わっていないかもしれません。特に付き合いたてで緊張している場合、お互いにいっぱいいっぱいになるため言葉にしないと伝わらないことも多くあります。
そのため、デートの感想はしっかり言葉で伝えるようにしましょう。余韻に浸ってるように「楽しかったなぁ」と笑顔で伝えることで、彼氏は「またこんなデートがしたいな」と思ってくれるでしょう。


「もっと一緒にいたいのに」

どんなに楽しいデートでも、帰れなければなりません。ただし、その時に「じゃ、帰るね!」とあっさり帰ってしまうと、彼氏も寂しい気持ちになってしまう恐れがあります。そのため、帰る前には「もっと一緒にいたいのに」という言葉で男心を掴みましょう。
仕事や学校があるから帰らなければならないけれど、できればもっと一緒にいたいという気持ちも、言葉にしなければ相手に伝わりません。恥ずかしくても、しっかり伝えることが大切です。


「次のデートが楽しみ!」

次にどんなデートをするか、考えるだけでも楽しいでしょう。その気持ちもしっかり彼に伝えて共有することで、お互いにデートを楽しみにすることができます。「次はどこに行こうか」や「楽しみだね」と、自分の感情はしっかり相手に伝えるようにしましょう。
「楽しみ」という言葉を伝えることで、彼もますます「もっと楽しませたい!」と思ってくれるはずです。プラスの感情は、しっかり伝える方が良い方向に動いていきますよ。


デートの最後のセリフで彼をもっと夢中にさせよう!

デートの最中にも相手に色々な気持ちを伝えるものですが、最後まで気が抜けないのがデートです。しっかり自分の気持ちを伝えることで、もっと彼を夢中にさせることができるでしょう。彼の気持ちを掴めるような可愛いセリフで、最後まで翻弄してくださいね。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/16 12:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます