初戦は黒星も…ドイツ代表指揮官「チームを非難することはできない」

拡大画像を見る

 ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーヴ監督がEURO2020初戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 EURO2020・グループF第1節が15日に行われ、ドイツ代表はフランス代表と対戦。20分にマッツ・フンメルスが相手のクロスをクリアしきれず、痛恨のオウンゴールを献上。その後はボールを保持してゴールを狙ったものの、最後まで得点を挙げることはできず。0-1で黒星スタートとなった。

 レーヴ監督は試合後、ドイツメディア『ZDF』で「本当に激しい試合だった。私たちは最後まで戦った。自分たちのチームが挑戦していなかったと非難することはできない。彼らは持っていたものをすべて捧げていた」とチームの姿勢には満足していることを明かした。

「彼らにいくつかプレッシャーをかけることができた場面もあったが、明確なチャンスを作り出すことはできなかった。今日のパフォーマンスは問題なかったが、このようなチームを相手に勝つためには、または相手を困らせるためにはどこを改善させなければならないかもわかった。私たちはまだいくつかの調整をしなければならない」

 黒星スタートとなったドイツ代表は次節、19日に初戦勝利を収めているポルトガル代表と対戦する。

関連リンク

  • 6/16 11:57
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます