田中聖、SixTONESファンに不快感あらわ!? 弟・田中樹の“匂わせ”疑惑に「しんどい」「めんどくさい」と苦言

拡大画像を見る

 2013年9月末にKAT-TUNを脱退し、現在はソロアーティストとして活動中の田中聖。弟の田中樹はジャニーズ事務所に所属し、昨年1月にSixTONESとしてCDデビューを果たした。それぞれの道で活動する兄弟の2人だが、聖がSixTONESファンに苦言を呈し、ネット上で物議を醸している。

「事の発端は、6月14日にあるSixTONESファンがTwitter上で、聖の手に『宝石の絵文字に似たデザインのタトゥーが入っているのではないか』と言及したこと。SixTONESのグループ名には『6つの原石』といった意味が含まれているため、ファンはSNS上で“宝石の絵文字”を使って彼らを表現することがあります。すると聖は、自身のアカウントで当該投稿をリツイートし、ツイート主に返信したんです」(ジャニーズに詳しい記者)

 聖は「いや、入ってるんだけど入ってると何? まさかだけど自分のロゴでもなく、オフィシャルのそっちのロゴでもなくファンが使ってる“絵文字”を隠せない手の甲にタトゥーで入れてると思ってるって事?」「しんどい」と、投稿者に直接リプライを送信。その後、ツイート主が「何でもかんでも関連付けてごめんなさい」(現在は削除)などと謝罪する事態となった。

 また、聖は別件でも、樹に関係する事柄でファンに苦言を呈していた。6月13日、三男で俳優・田中彪の誕生日を祝福し、インスタグラムにケーキの写真をアップしていたが、翌14日のストーリーに「三男のケーキ載せておめでとうって言ってんのに四男いますか?はゴメンなさいなんだけどちょいめんどいし関係ないから素直におめでとうって言ってやってくれ」と投稿。どうやら、四男である樹について、ファンから質問が届いたようだ。

「こうした苦言に加えて、Twitter上で話題になったタトゥーの件についても、同日投稿のストーリーで『入ってるんだけどゴメンこれしんどい』『知らないかもだけど俺も音楽やってるんだけど自分のロゴでも、そっちのオフィシャルロゴでもなくファンの皆が使ってる“絵文字”を隠せない手の甲に入れてると思ってるって事?』と、再び言及。聖のあらゆる言動を樹に結びつける一部のSixTONESファンに、不満を抱いている様子でした」(同)

 聖がSixTONESファンに苦言を呈したのはこれが初めてではなく、5月15日深夜放送のラジオ『SixTONESのオールナイトニッポン サタデースペシャル』(ニッポン放送)の翌日にも、「ちょっと考えて」と、ある臆測について指摘していた。

「同ラジオ内で、樹は『傘、俺嫌い』『傘とかはささないし、あんまり買ったりとかはしてない』と話していましたが、翌16日、聖も自身のYouTubeチャンネルで公開した動画『15年ぶりに坊主にした』にて、『傘はささない派・田中聖です。傘嫌いなんですけどね』とコメントしていたんです。この時も、一部SixTONESファンの間で『弟の匂わせ?』などと臆測が広がり、聖は同日にTwitterで『傘ささないってのが匂わせって人がいてちょっとめんどくさいんだけど 昨日ラジオ聞いて今日撮影して今日編集して投稿はどう考えても不可能だからちょっと考えてね 何度も言うけど匂わせないし匂わせなくても兄弟だから』と、不快感をあらわにしていました」(同)

 かねてより、こうした“注意”を繰り返してるからこそ、今回の「しんどい」という一言につながったのだろう。一連の投稿を受け、ネット上には「いちいち『匂わせ』とか言ってる人いるんだ……本当にめんどくさいね」「兄と弟をつなげるのは自由だけど、それを本人に伝えるのは違うと思う」「同じ環境で育ったんだから、価値観が似るのは当たり前。なんでも弟と結びつけられていろいろ言われたら、そりゃしんどくなるわ」など、聖を気遣う声も上がっていた。

 前述の通り、聖自身がSNSやYouTube上で兄弟の話題をよく出しているため、双方のファンが思わずリアクションしてしまうのも不思議ではないが、当人たちに負担をかけるような言動は避けるべきかもしれない。

  • 6/16 8:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます