重量1.2kg超のメガ盛りカレーを秋葉原『カレーの市民アルバ』で食べてきた!

 大盛り・山盛り愛があふれる街といえばやはり秋葉原。新旧さまざまな飲食店が大盛り、山盛り、特盛、メガ盛、テラ盛など、愛情たっぷりボリュームたっぷりで料理を提供しています。

 ということで、今回調査に向かったのは芳林公園近くにある『カレーの市民 アルバ 秋葉原本店』。石川県の小松市生まれ、『金沢カレー』のお店です。

 そもそも、金沢カレーって? という方に。金沢カレーとは、「カレーのチャンピオン」創業者がレシピを考案、石川県エリアで独自に発展したカレーと言われているもので、ステンレス製のお皿に、千切りキャベツ、カツが乗っているのが特徴。他にも、どろっとしたルーだったり、昭和の給食でおなじみの先割れスプーンで食べるなどの諸条件があるようです。

 北陸・東海地方ではおなじみのカレーですが、東京エリアでは「ゴーゴーカレー」イコール金沢カレーの印象が強いかも。しかし『カレーの市民 アルバ』も、カレーのチャンピオンの創業者とつながりがあり、金沢カレー特有のやみつき濃厚カレーとのこと。それをボリュームたっぷりで味わい尽くせるとは! 期待に胸が膨らみます。

 店に入り、まずは券売機をチェック。そして思ったのが、ここの店、カレーのメニューが多い。店名のついた「アルバカレー」に「カツカレー」、「ハンバーグカレー」、などはわかる。しかし、「トマトバジルカレー」や「ポテサラカレー」、「焼き野菜カレー」など、王道カレーからオリジナル感満載のカレーまで、種類がありすぎてサクッと選べないっ!

 ここは、一番ボリュームありそうな、というかトッピングが多種類なものを選べばいい気がする、と思い「ホームランカレー」を選択。ボリュームは小盛、並盛、大盛、特盛、メガ盛の5種から一番大きいメガ盛りにします。

まさかの“追いカレー”つき! 衝撃のメガ盛りカレー

 待つこと数分、目の前にやってきたのは、ステンレスのプレートに一面のカレー、そしてエビフライにカツ。で、なぜかソースボートに入ったルーまで。まさかの“追いカレー”? 途中でルーが足りなくなったら足せるってこと? 足りなくなること前提で追加分を出してくれるのも金沢スタイルなの? 想定外のソースボート同時入場にいきなり衝撃です。

 早速計測。幅約37cm、奥行き約19cmの銀の皿に、高さはエビフライの尻尾のところで約10cm、重さはソースボートのルーも含め全部で1259g(器の重さをのぞく)。ちなみにトッピングのカツは約10×17cm。メガ盛りという名にふさわしい1.2kg超えのボリュームです。

 計測も済んだことでいただきま~す! まずはルーとライスのところを一口。辛さはほどほど、と思っていたけれど、食べ進めるうちに辛さがじわじわ蓄積されていきます。

 ルーはスパイス系サラサラではなく、野菜や肉をしっかり煮込んだトロトロ系の濃厚な味わい。最後におそらくコショウと思われるピリッと感がやってきます。しっかりとした旨み、そしてトロミ。思っていた以上にお腹にたまるカレーです。

「アルバカレーのルーはシチューがベースの欧風カレースタイルですね。石川県の小松市にある工場で、玉ねぎをたくさん使い、じっくり6時間以上煮込むことで深い味わいを出しているんですよ」と話すのは店長の新田正明さん。

 ルーとライスを味わった後は、それぞれの具へ。一番存在感のあるカツはやや薄めでサクサク。トロミの強いルーなのでしっかりとカツに絡み、ルーの辛さと肉の甘み、衣のサクサクを感じさせます。中盤になってきて、辛さが一層強く感じられるようになったところで中央の目玉焼きを割り、しっかり混ぜて一口。たまごのトロトロが辛さを中和させ、まろやかさがアップしていきます。

 卓上には福神漬け、辛さをアップさせるカイエンペッパー、そして揚げ物用にソースが置いてあります。なので、カツやエビフライをソースで味わってもいいし、時々福神漬けでお口直しもあり。でも一番のお口直しはやはり千切りキャベツ。トロトロ濃厚ルーの膜に覆われた口の中をシャキシャキでリセット。蓄積した辛味もキャベツで中和? いや、さっぱりと流してくれる感覚です。

 店長さんに完食するための攻略法を聞くと一言「普通に」とにっこり。カレーが好きかどうか、が重要で、メガ盛りでもそれなりにみなさん完食しているとのこと。また、途中で味に飽きてきた際、リクエストがあればマヨネーズをもらうことも可能だそうです。

 そして、「ホームランカレー」に乗っているカツやエビフライ、ウインナー、目玉焼きの他にも、唐揚げ2個300円や白身フライ100円などの追加トッピングも可能なので、カスタマイズを楽しむのもありです。コロナ前までは大盛りの注文が多かったけれど、今はそんなに出なくなったと話す店長。それでも週に5~10食はメガ盛りが出るとのこと。さすが秋葉原。

 濃厚なルーがライスと合い、食べるスピードをどんどん加速させていくアルバのカレー。次に食べに来るときは、店長オススメの「焼き野菜カレー」(650円~)にするのもいいなぁ。「生姜焼き合い掛けカレー」(650円~)もちょっと気になる。同じ秋葉原にある、ゴーゴーカレーにも行って、金沢カレーの食べ歩き? 食べ比べをするのも楽しそう。となると近いうちに再訪、決定です!

(取材・文◎いしざわりかこ)

●SHOP INFO

店名:カレーの市民 アルバ 秋葉原本店

住:東京都千代田区外神田3-2-9
TEL:03-3254-5686
営:11:00~21:30(L.O.21:00)、緊急事態宣言期間中は~20:00(L.O.19:30)
休:なし

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/16 10:48
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます