攻守に貢献でドイツ戦MOM選出のポグバ「チームパフォーマンスが最も重要」

拡大画像を見る

 フランス代表MFポール・ポグバ(マンチェスター・U)が、EURO2020初戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 EURO2020・グループF第1節が15日に行われ、フランス代表はドイツ代表と対戦。20分にポグバのパスからリュカ・エルナンデスがゴール前へ折り返すと、足を出したマッツ・フンメルスがクリアしきれず、ボールはそのままゴールネットを揺らした。思わぬ形で先制したフランスはこの1点を最後まで守り切り、1-0で白星スタートを飾った。

 この試合のスター・オブ・ザ・ゲーム(マン・オブ・ザ・マッチ)に選出されたポグバは試合後、フランスメディア『M6』で「チームパフォーマンスが最も重要なこと。チームがいなければ、僕はいいプレーができなかった。僕たちはみんな努力を注いだ」と試合を振り返った。

「この初戦が何を意味するかは誰もが知っている。これがこの大会のテンポをもたらしてくれる。激しい試合だったが、今夜は対戦相手が恐れるショーを見せることができたと思う」

「僕たちはピッチ上での仕事に集中している。世界王者として呼ばれることを受け入れつつ、謙虚にピッチに出ていく必要があることを理解している。苦しい時も攻撃する時も、僕たちは一緒にそれをする必要がある」

 白星スタートを飾ったフランス代表は次節、19日にハンガリー代表と対戦する。

関連リンク

  • 6/16 10:44
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます