このまま一生独り身かも…女性が不安で仕方がなくなる瞬間9パターン

女性は「さみしさに弱い生き物」と表現されることがあります。いつもはつれない女性も、さみしい気持ちで一杯のときは、ガードが緩んでしまうことがあるかもしれません。そこで今回は、20代から30代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「このまま一生独り身かも…女性が不安で仕方がなくなる瞬間」をご紹介します。

【1】結婚するつもりで長年付き合ってきた彼氏と別れたとき
「壮大な詐欺にあった気分…訴えたいと思った」(20代女性)というように、将来を誓い合った大恋愛が終わったときは、目の前が真っ暗になってしまう人が多いようです。気になる女性が傷心状態のときは、優しい言葉をかけながらじわじわと距離を縮めましょう。

【2】合コン仲間だったはずの親友に彼氏ができたとき
「新しい出会いもないし完全に詰みました」(20代女性)というように、友人に恋人ができたとき、大きな不安に襲われる人もいます。意中の女性がSNSなどで出会いがないと嘆いていたら、ひとまず「僕も!」と共感してみせてはいかがでしょうか。

【3】ひそかに好意を抱いていた男性に、女として見られていなかったことを知ったとき
「生物学的には女なのですが…」(20代女性)というように、好きな男性から異性として扱われていなかったことを知り、落ち込んでいるケースです。女性としての自信を失いかけている人には、「十分、女っぽいよ」とすかさずフォローしてあげましょう。

【4】同年代の友達が結婚・出産ラッシュで完全に取り残されたとき
「もうじき賞味期限が切れちゃいそう」(20代女性)というように、周りで幸せな話が増えれば増えるほど、独り身の不安は膨らんでいくようです。焦りを隠しきれない女性には、「あなたの良さを見ている人が必ずいるって」などとさりげなく励まして、好意をほのめかしてしまいましょう。

【5】「どう考えても自分より見劣りする」と思っていた友達が結婚したとき
「世間ではあの子より自分が下なのかぁってガックリきます」(30代女性)というように、格下だと思っていた女友達が結婚してしまい、目の前が真っ暗になっているパターンです。「美人すぎて男が敬遠するんじゃないの?」などとうまい言葉をかけて、心の隙に滑り込みたいところです。

【6】恋愛ドラマや映画を観てもキュンとしない、冷めきった自分の心に気づいたとき
「恋愛にガツガツしなくなってしまって…。こんなに枯れちゃって大丈夫?と自分が心配になる」(20代女性)というように、恋愛体質ではなくなり、おばさん化が進みつつある自分に動揺しているケースです。この手の女性には、落ち着いた恋愛ができる相手であることをアピールするといい関係が築けるかもしれません。

【7】恋の仕方を忘れてしまい、男性とまともに話せなくなってしまったとき
「干物女とは私のことです」(30代女性)というように、恋愛ブランクが長すぎて男性と話すことに恐怖を覚える女性もいます。気になる女性がそんな感じなら、LINEで日常会話をするレベルから、少しずつ関係性を深めていきましょう。

【8】一度も彼氏ができないまま、かなり大人の年齢に到達してしまったとき
「男の人と手もつながないまま死ぬかもと思ったらゾッとした」(20代女性)というように、恋人いない歴=年齢のまま大人になった人の将来への不安はとてつもなく大きいようです。もしも自分も似たような立場だったとしたら、そのことを明かせば意気投合できるのではないでしょうか。

【9】男は足手まといだと思うくらい、たくましい女になったことを自覚したとき
「タイヤのチェーンを巻けずに立ち往生している人を助けているとき、『何してるの私…』と思った」(20代女性)というように、男なしで生きていけることを自覚したとき、女としての将来に不安を覚えるようです。強すぎる女性にアプローチするなら、「頼りないけれど、放っておけない男」を演出すると、うまくいくかもしれません。

女性の不安やさみしさに共感することが、お近づきになるためのポイントといえそうです。気になる女性の出している「さみしいサイン」を見逃さないようにしましょう。(外山武史)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/16 10:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます