G-SHOCK、スポーツライン「G-SQUAD」初の角形ケース

拡大画像を見る

 カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」スポーツライン「G-SQUAD」の新機種として初めて初号機のデザインを引き継ぐ角型ケースを採用した「GBD-200」を7月16日に発売する。カラーは、ブラック、ネイビー、ライムイエローの3色を用意した。価格は2万2000円。

 GBD-200は、従来モデル「GBD-100」と比較して、ケースサイズで縦方向で8.8mm、横方向で3.4mm小型化するとともに、厚みも2.0mmのスリム化を図り、薄く見せるためにケースやベゼルなどのパーツに、サイドから見てフラットとなるデザインを採用している。
 腕へのフィット感を高めるべく、バンドには通気性と柔軟性に優れたソフトウレタンを採用し、バンドとケースをつなぐかん足付近には通気性確保のための穴を設けることで、汗を逃がして蒸れを抑えられるので、運動中にも快適に着用できる。また、バンドの穴は5mm単位の細かいピッチを採用することによって、微妙なフィッティング調節に配慮している。
 本体には、Bluetooth機能を備えており、スマートフォンとワイヤレス接続することで、スマートフォンのGPS機能との連携が可能で、本体の加速度センサーが計測した距離を補正する。いったん補正を行うと、次回から本体のみでも加速度センサーによって、より高精度な走行距離を計測できるようになる。
 その他、走行ペースの計測や一定距離を走ると自動でタイムを計測可能なオートラップ機能も搭載し、専用のスマートフォンアプリ「G-SHOCK MOVE」と連携することで歩数やカロリー消費量のライフログ、アクティビティ履歴など確認できる。

関連リンク

  • 6/16 8:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます