ソースネクスト、リモート会議の新ブランド「KAIGIO」立ち上げ 新製品3シリーズを発表

拡大画像を見る

 ソースネクストは、リモート会議用製品の新ブランド「KAIGIO(カイギオ)」を立ち上げて新製品としてリモート会議アーカイブソフト「全録KAIGIO」ダウンロード版(Windows、9900円)を6月15日から発売するとともに、リモート会議専用機「KAIGIO MeePet(ミーペット)」(2万9700円)、会議室カメラ用ソフト「満面KAIGIO」(Windows、1万9800円)の2製品の予約受付を開始した。

●Zoom会議のスクショを自動生成


 KAIGIOは「会議を、変えよう」を合い言葉に、リモート会議の環境を快適にするハードウェアとソフトウェアを提案するブランドとして新たに立ち上げた。
 全録KAIGIOは、日本初となるZoomでの会議を自動録画するソフト。動画を録画するだけでなく、会議で映し出された資料のスクリーンショットを自動で生成する。
 会議中にスクショ作業をすることなく議論に集中できるほか、録画した動画はサムネイルから再生できるため、確認した場所をすぐに見つけられる。発売日は、ダウンロード版が6月15日、パッケージ版が7月30日となる。

●会議室の奥の人の表情も見やすく


 満面KAIGIOは、日本初のウェブカメラ映像の自動分割ソフト。AIを使った顔認識テクノロジーで、会議室の奥にいる人の顔を自動でクローズアップする。会議室にいる最大9人までの出席者の表情を、均等に分割して表示する。人物が移動しても自動追尾する機能が搭載されている。
 また、会議室のPCにインストールするだけで、出席者の表情が伝わる一体感のあるリモート会議を実現する。対応するウェブ会議は、ZoomとMicrosoft Teams、Webexの三つ。今後は、SkypeやGoogle Meetなどにも対応する予定。発売日は、ダウンロード版が8月26日、パッケージ版が10月6日となる。

●オールインワンのリモート会議専用機


 KAIGIO MeePetは、日本初のZoom SDKを使ったオールインワンのリモート会議専用機。カメラやマイク、スピーカーなどを別途用意することなく、初期設定はWi-Fi、またはLANケーブルでネットに接続するだけで使える。
 リモート会議のための事前設定やケーブル接続が不要になるほか、OutlookとZoomのアカウントを連携させればワンタッチで簡単に会議に参加できる。もちろん、HDMIケーブルをつなげば大画面で表示することもできる。
 リモート会議システムは、Zoom、Microsoft Teams、Webex Meetingsに対応する。発売日は8月18日となる。

関連リンク

  • 6/16 7:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます